通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

通信制高校もその種類はさまざまです。その上手な選び方を紹介します

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

通信制高校の選び方。外せない5つのポイント を紹介

指さす高校生

通信制高校はどこも同じじゃない!

通信制高校はほとんどが自宅学習です。学校から与えられた課題をこなして、レポートとして提出します。また、年間何日かのスクーリングに出席し、認定試験を受けて単位を修得します。この流れはほぼ同じですが、通信制高校は公立と私立でも内容や雰囲気が違いますし、私立ではさらに独自の取り組みなどを行っています。

そこで通信制高校を選ぶ際に外してはいけない大切なポイントを5つお伝えします。ぜひ通信制高校選びの参考にしてくださいね。

大事なポイントはこの5つ

  1. 学費
  2. 目的に合っているかどうか
  3. 通える範囲にあるかどうか
  4. スクーリングの日数
  5. サポート校があるかどうか

それぞれのポイントをご説明します。

学費を比較

通信制高校は公立と私立では学費が大きく違います。

公立の方が安いのですが、サポートや学校の取り組み、設置されているコースなど私立独自のものがあります。

学費は大きなポイントですが、それ以外の部分も合わせてよく比較検討してみましょう。

目的に合っているかどうか

通信制高校に入る人は、まずは「高卒」という学歴を得たいという目的があります。この目的が一番多いと言われていますが、それだけではありません。

人とコミュニケーションを取れるようにしたい

中学校や今までいた高校で友だちからいじめられた、友だちや先生となじめなかったという経験をして、対人関係に不安を持つ人がいます。そういう人は公立の通信制高校に入っても、友だちと触れ合う機会はあまりありません。しかし、私立ならこういった個人の悩みを聞いてくれて、部活動をすすめてくれたり、スクーリングの日数(通学日数)を増やすコースをすすめてくれたりします。

不登校だったが、学校に通えるようになりたい

上記のコミュニケーションを取りたいというのとよく似ています。本当は高校生活を楽しみたいのに何らかの理由でできなくなった人は、登校日数が少ない通信制高校がおすすめです。特に部活動や交流の場を設けている私立がいいでしょう。

大学に進学したい

通信制高校の中には一流大学進学を目指すコースを設けているところがあります。個人指導を行っているところもあるので探してみましょう。

通える範囲にあるかどうか

通信制高校はほとんどが自宅での学習になりますが、年に数回はスクーリングがあります。そこで通学圏にある学校を選ぶことが大切です。

通信制高校には2種類あります。

  • 広域通信制高校
  • 狭域通信制高校

通学広域通信制高校とは全国または3つ以上の都道府県の生徒が募集できるというもので、私立はほとんどが広域通信制高校になっています。多いところでは全国に50ヶ所以上にキャンパスを置いている学校もあります。

もし地元のキャンパスに行きたくないという場合は、通える範囲で探してみるといいでしょう。狭域通信制高校はキャンパスの所在地ともう1つの都道府県から生徒を募集するというものです。

スクーリングの日数

スクーリングの日数は公立の場合は履修科目によって異なりますが、年間約20~25日程度登校して面接指導を受けるようになっています。

私立の場合も同様ですが、月1~2回の面接指導のところもあれば、週に1日~3日通学するというところもあります。学校によってさまざまなコースを設けています。

サポート校があるかどうか

通信制高校の学習は自分で進めていきます。教室で授業を受けるという受け身の形ではないために強い意志が必要です。そのため途中で挫折する人が少なくありません。

そこで私立の通信制高校ではサポート校を併設しているところがあります。サポート校を卒業しても「高卒」にはなりませんが、自宅学習だけではわからないところを教えてもらったり、技術を身につけるコースがあったりとさまざまなサポートをしてくれます。

通信制高校選びの手順

通信制高校を選ぶには、いくつかの学校から資料を取り寄せて比較検討します。

この流れで資料を取り寄せてみましょう。

  1. 通える範囲内で学校を探す
  2. 資料を取り寄せる
  3. オープンキャンパスに参加する

どれだけいい学校であってもまず通うことは不可能な場所にある場合は受けることができません。通える範囲内にキャンパスがあるかどうかを確認します。

インターネットなどで概略を調べて興味があれば、資料を送付してもらいましょう。しかし、それだけでは学校の雰囲気がわからないので最後はオープンキャンパスに参加して決めるといいですよ。

オープンキャンパスでは実際に先生からも話が聞けるので不安点や疑問点が解決できます。自分自身が納得できる学校を選ぶようにしましょう。
す。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上