通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

通信制高校の卒業に必要な3つの条件をそれぞれ解説していきます

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

通信制高校を卒業するための3つの条件

卒業

通信制高校の卒業要件

通信制高校は入るのも卒業するのも全日制高校に比べると楽だというイメージがあります。確かに入試は全日制高校ほど難しいものではありませんし、出席日数も年に数回で大丈夫です。

しかし、卒業するには一定の条件を満たさなければなりません。それが次の3つです。

  1. 3年間以上の在籍
  2. 74単位の修得
  3. 特別活動30単位時間の取得

では、それぞれについて詳しく見てみましょう。

3年間以上の在籍

通信制高校に限らず高校の卒業資格を得るには学校に3年間以上在籍することと、学校教育法で定められています。

通信制高校でも同じで、早いペースで課題(レポート)を提出できたとしても、3年間は在籍する必要があります。逆に言えば急がずに時間をかけて計画的に課題に取り組んでいけば大丈夫ということになります。

また、全日制高校では出席日数が足りない場合などは留年がありますが、通信制高校は単位を修得することが卒業要件になっています。

そのため留年という概念がありません。

例えば働きながら通信制高校で学んでいる人や子育てをしながら勉強する人、高齢者の人などもいます。

そういった人の中には5年、10年かけて卒業する人もいます。

それでも大丈夫なのが通信制高校の特徴です。

なお、通信制高校に入る前に別の高校に在籍していた場合(通信制高校に編入や転入する場合)は前にいた高校の在籍期間を加算することができます。

74単位の修得

卒業の条件の2つ目は「74単位以上を修得すること」です。

単位とは科目ごとの学習量や学習時間のことです。例えば1週間に4時間の数学の授業を1年間受けると、数学の4単位をもらえます。

しかし、通信制の場合、自宅学習が基本になりますので、実際に何時間学習したのかというのがわかりません。そこで通信制では次の3つの条件を満たせば単位を取得ということになっています。

レポートを作成し提出

ほとんどの科目は1科目2~4単位で、レポートの提出数は教科や科目によって決められています。提出したレポートを先生が添削し、合格基準に達していない場合は再提出しなくてはなりません。

スクーリングに出席

通信制高校は自宅学習が基本ですが、年に数回はスクーリングに出席しなければなりません。この出席日数(スクーリングの回数)は高校によってまちまちです。年に3日だけでいいという学校もあれば、毎週1日という学校もあります。3~4日間の合宿を実施して集中してスクーリングを行うところもあります。

スクーリングのシステムがどうなっているか、学校選びの際によく確かめておきましょう。

単位認定試験に合格

試験レポートを提出しスクーリングを受けたら、単位認定試験を受けます。この試験は年に2回実施されます。その分、範囲は広くなりますが、普段のレポート提出や添削指導を受けていれば問題はありません。

なお、学校によっては単位認定試験の回数が多いところがあります。

例えば1年を5期に分けるというもので

  • 4・5月でレポート提出とスクーリングを行い、5月末に単位認定試験を受ける
  • 6・7月でレポート提出とスクーリングを行い、7月末に単位認定試験を受ける
  • 8月は夏休みで、9・10月でレポート提出とスクーリングを行い、10月末に単位認定試験を受ける

・・・という流れで、同様に12月、3月の末に単位認定試験を実施します。

試験が多くて大変だと思うかも知れませんが、学習したところを忘れないうちに試験があるので着実に合格し、単位を修得できます。一歩ずつ前進している実感が得られるので、やりがいがあるという声が多いようです。

特別活動を30単位時間

特別活動というのは授業以外のホームルームや学校行事のことです。

入学式や清掃活動、映画鑑賞……など学校によって活動内容は異なりますが、30単位時間(1単位=50分)参加する必要があります。

通信制の場合、宿泊を伴う集中スクーリングで特別活動も同時に行うことがあります。さまざまな活動が設けられていますので、積極的に参加しましょう。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上