通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

多くの通信制高校でオープンキャンパスを実施しているので参加してみましょう

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

通信制高校のオープンキャンパスってどんなことをするの?

見学

オープンキャンパスとは

オープンキャンパスというのは大学や短大、専門学校など学校側が入学を希望する生徒に対して施設内を開放し、学校への関心を深めてもらうためのイベントのひとつです。

元々は学生を確保するために始まった

オープンキャンパスそもそもオープンキャンパスを初めて行ったのは大学で、その背景には少子化という問題がありました。大学の数は増えたのに肝心の子どもの数が減少したため、どこの大学も学生(受験生)確保のためにオープンキャンパスを行ったのが始まりです。

現在では大学以外にも短大や専門学校、私立高校などでも実施されています。

多くは夏休みや土日に開催されることが多いようです。在校生が校内の施設を案内したり、授業で学んだことを展示したり、模擬授業を行ったりしています。

最近は通信制高校でもオープンキャンパスを実施するところが増えてきました。名称は「オープンキャンパス」だけでなく「体験入学」と呼ぶこともあります。

オープンキャンパスに参加すると、次のようなメリットがあります。

学校の雰囲気がわかる

学校通信制高校の学習は自宅が中心ですが、年に数回はスクーリングとして登校します。また、学校によっては月または週に何度も登校するスタイルのところもあります。

事前にオープンキャンパスに参加しておけば、学校全体の雰囲気がわかります。その上で「自分になじめるかどうか」「スクーリングに出席する際の交通機関などに無理がないかどうか」などを判断しましょう。

これらはパンフレットだけではわからない点です。ぜひオープンキャンパスに参加して確かめておきましょう。

普段の授業の様子がわかる

雰囲気オープンキャンパスでは実際の授業を体験できる催しをしています。

自分がイメージしている授業と大きく違わないかどうかを確かめてみましょう。体験授業は編入・転入生向けと中学生向けに分けているところがあります。自分に合った体験授業を受けてみましょう。

学校の設備を見ることができる

通信制高校では必修科目以外に、学校が独自に設けている選択科目があります。最近ではアート系や芸能コース、調理コースなどさまざまなコースを作っています。

自分のやりたいコースがあれば、オープンキャンパスに参加して設備や施設などを見学しましょう。スタジオや調理室、農場などコースに合わせた設備を見ることで、さらに入学する意欲や期待が高まります。似たようなコースを設けている学校がいくつかある場合は、それぞれの学校のオープンキャンパスに参加されることをオススメします。

学校選びは設備だけで決めるわけではありませんが、せっかく3年間学ぶわけですから、自分がやりたいことを実現できるかどうかをしっかり確かめましょう。

入学に際しての疑問や不安が解決できる

soudan01オープンキャンパスはただ見学するだけではありません。校内を案内してもらいながら先生に気軽に質問してみましょう。

オープンキャンパスと同時に入試説明会や保護者説明会、入学説明会などを実施しています。入試や授業料のこと、単位のこと、過去の不登校のこと、将来の進路のことなどどんなことでも聞いておきましょう。かなり不安が解消されるはずです。

入学前から友達ができる

友達一緒に体験授業を受けることで、友達を作ることができます。無理をする必要はありませんが、話しやすい人がいれば声をかけてみましょう。先輩に質問するのもいいことです。少しでも学校や生徒になじんでおくと、入学後のスクールライフがもっと楽しくなりますよ。

オープンキャンパスを有効に活用してみましょう。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上