通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

通信制高校の生徒も全日制や定時制と同じように奨学金を受けられます

募集期間や手続きなどはそれぞれの奨学金で異なりますので、詳しくは各学校に問い合わせてください。

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

通信制高校でも受けられる奨学金の種類

奨学金

通信制高校が利用できる奨学金

通信制高校は全日制高校に比べると学費が安いのが特徴です。

しかし、それでも学費が捻出できないというケースがあります。また、私立は公立より学費が高いため、入学をあきらめてしまう人がいます。そういった費用面で悩んでいる人は奨学金の利用を検討されてはどうでしょう。

いくつかの奨学金があり、返還が必要な「貸与型」と一定の要件を満たせば返還が不要になる「給付型」の2タイプがあります。

それぞれに募集期間や応募条件、手続き方法などが定められています。次に詳しくご紹介しますので、ぜひ利用してみましょう。

自治体の奨学金

以前は「日本育英会(日本学生支援機構)」が実施してきた高校奨学金事業が平成17年度以降の入学者からは各都道府県の事業に移管されました。

東京都育英貸付金事業や大阪府育英会など各都道府県に窓口が設けられています。

各都道府県に住所があり、勉学意欲がありながら経済的理由で修学が困難な人に対して無利息で奨学金を貸与する制度です。

東京都の例

貸付額(月額):公立:18000円 私立:35000円
条件:第一連帯保証人として父または母、第二連帯保証人として父母以外の人を立てられること
同種の奨学金(給付制のものを除く)を他から受けていないこと

などです。貸付額や条件は自治体によって異なります。

あしなが奨学金

病気、災害、自殺などで保護者を亡くしたり、重度後遺障害で働くことのできない家庭の生徒に対して貸与されます。

貸付月額:公立:25000円 私立:3万円 私立高校入学一時金 30万円
無利子で卒業後20年間で分割返還します。高校の場合は応募は書類審査だけになります。

交通遺児育英会奨学金

保護者を交通事故で亡くしたり、後遺障害で働くことができず、学費に困っている生徒に対して貸与されます。

貸付月額:2万円、3万円、4万円から選択
入学一時金として20万円、40万円、60万円から選択

いずれも無利子で利用できます。
条件は保護者が交通事故で死亡または重い後遺障害がある場合で、かつ家計の基準があります。学力は問われません。

財団法人阿部育英基金奨学生

元NHK会長でありNHK学園の初代理事長である阿部真之介氏の遺志による、通信制高校の生徒を対象とした奨学金です。昭和39年に始まりました。
人物・学業ともに優秀で健康であり、経済的援助を必要としている生徒に給付されます。

貸付月額:7000円
応募には世帯全員の所得を証明するもの(所得証明書や源泉徴収票など)が必要です。

高等学校等就学支援金制度

「高等学校等就学支援金制度」は平成26年4月以降の入学者を対象に行われる制度です。「公立高等学校授業料無償制・高等学校等就学支援金制度」を改正して実施されたものです。

一世帯の市町村民税所得割額が30万円4200円で年収910万円未満の世帯などの生徒を対象に支給されます。

支給金額:支給対象単位の上限を74単位とし、年間30単位が上限で1単位あたり4812円(これを履修期間で割った金額が支給月額となるので月額520円)

なお私立高校の場合は支給額が加算されます。

この制度は支給金額は低いですが、通信制高校は単位あたりの受講料が低いために返還不要なこの制度を利用するといいでしょう。

※奨学金制度や就学支援金制度の利用には、次の点に注意しましょう。

  • 事前の申込みが必要
  • 収入などの条件がある
  • 人数制限があり、申し込んでも支給されないことがある
  • 奨学金は返還が必要

その他、詳しいことは不明点は自治体や学校に問い合わせてください。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上