通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

技能連携校は専門的な技術を学びながら高卒の資格を取得できます

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

技能連携校で学ぶメリット

高校生

技能連携校とは

技能連携校をご存知でしょうか?
専門学校のようなイメージがあるかも知れませんが、実は通信制高校と深い関わりやメリットがあります。

学校教育法第55条に定められている制度に「技能連携制度」があります。

これは定時制または通信制高校の生徒が都道府県教育委員会が指定する技能教育施設で教育を受けた場合、そこで受けた学習を高校の教科の一部の履修とみなすというものです。

この「都道府県の教育委員会が指定する技能教育施設」を「技能連携校」と呼びます。

技能連携校では文部科学大臣が定める高等学校の職業に関する教科に相当するものが含まれることが必要とされています。

技能連携校とサポート校の違い

技能連携校とサポート校は似ているように見えますが、いくつかの違いがあります。

どちらも通信制高校の生徒をサポートする点では同じなのですが、大きな違いとしては技能連携校は都道府県教育委員会の指定を受けていることがあります。

生徒に関わる部分では、次のような違いがあります。

出席日数

技能連携校は週5日制にするように都道府県との間で決められています。サポート校は通信制高校で実施されるスクーリングの時間数が最低登校すべき時間数になっています。

単位の加算

技能連携校で学んだことは通信制高校の科目履修として、卒業に必要な単位の半分まで認められます。

一方、サポート校で学んだことは卒業単位には加算されませんが、通信制高校のスクーリングをサポート校で受けられる場合もあります。

社会的な信用がある

技能連携校は都道府県教育委員会の指定を受けているので、それだけ社会的な信用が高くなります。学校を選ぶ場合でも単位修得の面でのメリットもあるため候補に入れるといいでしょう。

技能連携校の例

技能連携校と通信制高校の連携例をいくつかご紹介しましょう。

北海道 北海道有朋高等学校と北見商科高等専修学校や苫小牧高等商業学校が連携
東北地方 星槎国際高等学校と八戸あおば高等学院や福島県キャンパス高等部などが連携
東日本高等学院とNHK学園高校が連携
関東地方 横浜デザイン学院と八洲学園高校が連携
桐生ビジネス専門学校高等課程と向陽台高校が連携
中部地方 石川県立総合看護専門学校準看護学科と石川県立金沢泉丘高校が連携
富山ファッション・カレッジと富山県立雄峰高校が連携
トヨタ工業学園と科学技術学園高校が連携
近畿地方 関西テレビ電気専門学校高等課程
さつき調理・福祉学院と向陽台高校が連携
大阪自由学院と代々木高校が連携
東洋学園高等専修学校や近畿情報高等専修学校と長尾谷高校が連携
中国地方 中央高等学園と星槎国際高校が連携
四国地方 高知県医師会準看護学院と高知県立高知北高校が連携
九州地方 C&S音楽学院やあすなろ高等学院とクラーク記念国際高校が連携

これらはごく一部です。全国には他にも多くの技能連携校があります。

技能連携校かサポート校か?どちらがいい?

技能連携校の最大のメリットは専門的な技術を身につけながら高卒の資格も得られるというところです。
例えば情報技術、美容、調理、ビジネス、環境バイオ、自動車、航空技術、電気など幅広くあります。

ただ、技能連携校は週5日登校しなければなりません。不登校を経験した人や人と関わることに苦手意識や不安がある人にとっては大きな負担になるでしょう。

一方、サポート校は登校日数がさまざまです。その上に最近はサポート校でも幅広いコースを設けて、専門的な技術を学べるようになっています。

それらを考え合わせて、週5日の登校が負担ではなく、専門的なことを学びながら高卒の資格を得たい人は技能連携校を選ぶといいでしょう。

逆に、登校に不安を覚えている生徒はサポート校のほうがおすすめです。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上