通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

通信制タイプの学習スタイルなら自分の時間を自由に使えます

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

通信制高校のポピュラーなスタイルは通信制タイプ

高校生

通信制高校のスタイルは多彩

もともと通信制高校とは自宅で学習し、課題であるレポートを提出。それに対して先生が添削をします。この形を「通信制タイプ」といいます。

しかし、最近は通信制高校であっても通学するタイプの学校が増えています。登校する日は週1日~週5日までさまざまです。

今回は在宅学習が中心の「通学制タイプ」についてご説明します。

通信制タイプの特徴

通信制タイプの特徴は次の5つです。

  1. 学習は自宅で行う
  2. テキストや教材のほかにパソコンやタブレット端末、スマートフォンで授業を聞くスタイルの学校もある
  3. スクーリングに出席する
  4. レポートを提出し合格することとスクーリングに規定の時間数出席すれば「単位認定試験」が受けられる
  5. レポート提出とスクーリング→単位認定試験を繰り返して必要な単位を修得する

単位を修得するのは通学タイプの通信制高校も同じですが、通信制タイプの特徴はほとんどの学習を自宅ですることにあります。

そのため、不登校だった人や引きこもり傾向のある人、人と関わることに不安がある人は安心して勉強ができます。また、働きながら高卒の資格取得を目指す人にもぴったりの方法です。

通信制タイプの生徒の一日

通信制タイプで学ぶ生徒の例を見てみましょう。

通信制高校に通うA君の例

中学校時代に不登校になり、全日制高校の進学をあきらめていました。そこで通信制高校を選びました。

午前7時 起床・朝食
午前9時~ 勉強開始

A君が在籍する通信制高校では、レポートの提出や質問はすべてパソコンで行います。
この日はレポートを仕上げて、インターネットで学校に送信しました。

午後1時~午後7時 昼食後、コンビニでアルバイト
午後8時 夕食

夕食後は好きなゲームをしたり、本を読んだりして午後11時に就寝

来週はスクーリングがあります。最初は人と会うことに不安を感じていましたが、先生が親身に相談に乗ってくれるため、今では安心してスクーリングに出席できるようになりました。

通信制高校に通うBさんの例

高校を中退して派遣社員として働いていますが、高卒ではないためにいい条件の仕事が見つかりません。
そこで通信制高校で働きながら高卒の資格を取ろうと勉強しています。

午前7時 起床・朝食
午前8時~午後6時 派遣社員として勤務
午後7時 帰宅・夕食
午後8時~午後11時 テキストを使って勉強

Bさんが在籍する通信制高校ではスマートフォンでも勉強できるので、通勤電車の中や昼休みにもスマートフォンの動画を見て理解を深めています。

平日はほとんど毎日仕事が入っています。そこでスクーリングは3泊4日の集中スクーリングを利用しています。これなら仕事を休まずに出席できるので、単位修得がスムーズにできます。

通信制タイプのメリットとデメリット

通信制タイプのメリット

  • 時間が自由に使える
  • 自分のペースで学習を進められる
  • 通学や制服代などの費用がかからない

などがあります。

デメリット

  • 強い意志が必要
  • 自分に甘くなると挫折する
  • 全日制高校のような学校生活が楽しめない

などがあります。

たとえば放課後に友達と遊んだり、部活動をしたりといった経験が少ないのが通信制タイプの学校の特徴です。

そういった学校生活を楽しみたい人は同じ通信制高校でも「通学タイプ」を選ぶといいでしょう。

また、自分に甘くなってしまうとか、思うように学習が進められないといった場合はサポート校を利用する方法があります。サポート校は学習塾のような存在で、単位修得や高卒から大学進学に向けたサポートなどをしてくれます。ただし、サポート校だけでは高卒資格は得られないので、注意しましょう。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上