通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

高卒認定試験は体に障害のある方へ試験場での特別措置を設けています

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

ハンディキャップ(障害)のある人でも安心!高卒認定試験の特別措置

点字

高卒認定試験の特別措置とは

障害をお持ちの人が高卒認定試験を受ける場合は、さまざまな特別措置が設けられています。

以下の障害に該当し、特別措置を希望する場合は事前に申請が必要になります。ここでは特別措置の内容と申請手続きの方法についてご説明します。

まずは対象となる障害と特別措置の内容についてです。

視覚障害がある人

点字による教育を受けている方 → 「点字による解答(時間1.5倍)(別室)」と視覚障害に関するその他の措置※出題は点字により行われます。
良い方の眼の矯正視力が0.15未満の方
両眼による視野について視能率による損失率が90パーセント以上の方
→ 「文字による解答(時間1.3倍)(別室)」と視覚障害に関するその他の措置
上記以外の視覚障害者 → 「点字による解答(時間1.5倍)(別室)」及び「文字による解答(時間1.3倍)(別室)」以外の視覚障害に関する措置

聴覚障害がある人

両耳の平均聴力レベルが100デシベル以上の方 → 聴覚障害に関する措置

肢体不自由の人

体幹の機能障害により座位を保つことができない者又は困難な方
両上肢の機能障害が著しい方
→ 「チェックによる解答(時間1.3倍)(別室)」と肢体不自由に関するその他の措置
上記以外で解答用紙にマークすることが困難な方
(1.3倍の試験時間延長に該当する程度の障害ではないが、
一般の解答用紙にマークすることが困難であると認められる方)
→ 「チェックによる解答(別室)」と肢体不自由に関するその他の措置
上記以外の肢体不自由者 → 「チェックによる解答」以外の肢体不自由に関する措置

病弱な人

慢性の疾患や病気等の症状により、
継続して医療又は生活規制を必要とする方又はこれに準ずる方
→「別室の設定(2人~10人の少人数)」「試験室を1階に設定」「杖の持参使用」「試験室入り口までの付添者の同伴」「試験場への乗用車での入構」

その他(精神疾患を含む)場合

「別室の設定(2人~10人の少人数)」「トイレに近接する試験室に指定」等

特別措置の申請方法

高卒認定試験で特別措置を受けたい人は、出願期間中に申請しなければなりません。

必要な書類

  • 高等学校卒業程度認定試験身体障害者等受験特別措置申請書
  • 医師の診断書(視覚障害、肢体不自由を理由とする申請の場合は様式が異なります。事前に受験案内を確認しましょう。)

これらの書類とともに一般の受験願書や履歴書、受験料が必要になります)

なお、申請を出しただけで特別措置が受けられるわけではありません。申請に対して審査が行われます。その結果は受験票とは別に「特別措置の決定通知書」が郵送されます。試験当日はそれを持参します。

特別措置申請にあたっての注意点

特別措置の申請にあたってはいくつかの注意点があります。

  • 出願期間後の申請は受け付けられませんので、出願期間を忘れないように気をつけましょう。(不慮の傷病を除く)
  • 医師の診断書が発行されない場合、特別措置の受付ができません。(杖の使用等を除く)
  • 点字による解答を希望する方は、診断書の代わりに身体障害者手帳の写しでも構いません。

なお、会場によっては希望に添えない場合があります。

また、日常生活で使用している補聴器、松葉杖、車椅子などを試験会場に持ち込んで受験する場合も特別措置の申請が必要になります。

上記の障害に該当しない方でも受験にあたってなにかしらの特別措置が必要な方は文部科学省に問い合わせてみてください。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上