通信制高校の生活は?~一般的な時間割、入学から卒業まで~

授業

通信制高校の入学から卒業までの流れ

通信制高校は中学校を卒業(または卒業見込み)のある方なら誰でも受験できます。特に年齢に上限があるわけではありませんし、働きながら学ぶことも子育てをしながらでも可能です。

特に近年は不登校などの理由で高校を中退したけれど、やはり高校卒業したいという人が多く入学しているようです。また、若いころになんらかの事情で高校に行けなかったという中高年の方も通信制高校で勉強しています。

このように「学びたい」という意欲のある方や、「高卒の資格が必要」という方にとって、通信制高校は最適の場です。しかも学校に毎日登校する必要がないので、不登校の経験がある人や人とかかわるのが苦手、引きこもり傾向という方でも安心して勉強ができます。

通信制高校に入るにはどうすればいいのでしょうか?入学から卒業までの流れをご紹介します。

通信制高校に入るには

3つの方法があります。

  1. 新入学
  2. 編入
  3. 転入

(1)の新入学は、中学校を卒業(または卒業見込み)でどこの高校にも入学していない生徒が入る方法です。(2) の編入は一度は全日制または定時制の高校に入学したが現在は退学している生徒、(3)の転入は現在、全日制または定時制高校に在籍している生徒が通信制高校に入る方法です。転入は転校と同じイメージで考えるといいでしょう。

通信制高校の入試

通信制高校の入学試験は、学校によって方法が異なります。学科試験があるところ、面接と学科試験、面接だけ、面接と書類審査、書類審査だけ、作文を提出などがあります。学校のホームページや学校案内、生徒募集資料などに記載されています。

特に新入学で注意したいのは「出願期間」です。公立の通信制高校の募集期間は年1回または2回となっています。願書の提出が募集期限を過ぎないように気をつけましょう。特に4月入学の場合は、中学校3年生の段階で決めなければなりません。この時期は全日制高校に行くかどうかを迷う時期でもあります。通信制高校の特徴やメリット、デメリットを担任の先生や保護者に聞いて、よく相談することが大切です。

ただ、例えば東京都立の通信制高校では、出願は4月2日、3日になっています。その後、4月5日に学力検査、4月11日に合格発表と入学手続きが行われます。(学校によって若干日程に違いがあります)。

このスケジュールなら全日制高校を受験した結果がわかっているので、仮に全日制高校を受けて不合格だった場合に通信制高校に入学するという選択が可能です。

私立の通信制高校の場合は願書提出の前に学校説明会への参加を義務づけているところがあります。また、面接は保護者同伴という学校も多いので、事前によく確かめておきましょう。

なお、転入と編入に関しては随時募集している学校が多いようです。学校に問い合わせてみましょう。

通信制高校を卒業するには

通信制高校を卒業するには、3つの条件があります。

  1. 3年以上在籍すること
  2. 74単位以上を修得すること
  3. 特別活動に参加すること

74単位を修得するには、まずレポートを提出し、添削指導を受けます。また、必要な日数、スクーリングに出席し、その後、単位認定試験に合格することが必要です。

レポートは自宅で作成しますが、教科書を見ながら書けるので難しくはありません。最近はインターネットの画面で答えを入力する形式の学校もあります。

スクーリングは週1日、月4回、週3日~5日など学校によってさまざまなスタイルがあります。働いていて定期的に学校に行くのが困難な場合は夏季と冬季に集中スクーリングを実施しているところもあります。

自分がもっとも通いやすい形を選ぶといいでしょう。

多くの高校は3学期制または前期と後期の2期制になっています。単位認定試験はきちんと受けて、着実に単位を取っていきましょう。1年間で修得する単位数が少なくても落第がないのが通信制高校の魅力ですが、あまりためると後で大変な思いをすることになります。

先生と相談しながら計画を立てて進めることが大切です。

通信制高校の時間割

通信制高校は基本は自宅で学習を行います。そのため、時間配分は自分で決めることになります。
スクーリング日は学校に登校しますので、その際の時間割の一例をご紹介しましょう。

公立の通信制高校のスクーリング日の時間割
10:10~10:30 総合学習
10:40~11:30 全校集会・HR活動
昼休み
12:15~13:05 1限
13:15~14:05 2限
14:14~15:05 3限
下校

となっています。この日は午後に科目の授業があり、教室ごとに英語や社会、数学などの授業が行われています。

また、午前中に4限を設けて科目の授業を行い、午後は特別活動を行っている日もあります。

私立の通信制高校のスクーリング日の時間割

一方、私立の通信制高校の時間割は学校によって大きく異なります。

自宅で個人学習を行うスタイルの場合は、スクーリングは上記の公立校のように実施したり、年に2回集中スクーリングや合宿形式でスクーリングを行ったりします。

週3日~5日登校するスタイルの場合も、登校は全日制高校より遅く始まります。そして、午前中は必修科目の授業で、午後は選択科目や検定試験の勉強、特技を伸ばす授業など自分で好きなものを選んで受けられます。
学校ごとに特色があり、バラエティに富んでいるので、事前にいくつかの高校をよく調べるといいでしょう。

通信制高校選びで迷ったら

まずは通信制高校に無料で資料請求

  • 完全無料で各高校の資料が届く
  • 資料請求にかかる時間は最短1分で完了
  • 資料でしっかり比較できる!通信制高校の特徴
都道府県を選択
資料請求をされる方
【迷っているならチェック!】
通信制高校の学費を徹底比較
通信制高校のメリット
通信制高校一覧

通信制高校選びに迷ったら

まずは無料で資料請求
  • 完全無料で各高校の資料が届く
  • 資料請求にかかる時間は最短1分で完了
  • 資料でしっかり比較!通信制高校の特徴
都道府県を選択
資料請求をされる方

通信制高校広場は、通信制高校に通学したい、進路のことで悩んでいる生徒ご本人と親御様のための情報ポータルサイトです。通信制高校に関連するコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。当サイトで様々な通信制高校を比較検討し、自分に合った通信制高校を見つけてください。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 Agoora.inc.

TOP