通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

通信制高校も野球部、バレーボール部、陸上競技部など部活動は充実しています

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

通信制高校の部活動はバラエティ豊富!

部活

通信制高校にも部活動はあります

通信制高校は登校日が少なく、自宅学習が多いのが特徴です。

部活マネージャーしかし、最近の通信制高校はさまざまな学校行事や校内活動に力を入れています。そのひとつが部活動です。

たとえ年間数日の登校でも、また週に1日だけの登校でも、部活動に参加することができます。また、サポート校と定型している学校でも部活動が活発に行われています。

参加は自由ですが、友だちを作るいいチャンスですので、ぜひ参加してみてはどうでしょう。

通信制高校の部活動はバラエティが豊富

通信制高校の部活動には、全日制高校と同じように運動部と文化部があります。どういったものがあるのか見てみましょう。

運動部

  • サッカー部
  • 野球部
  • 陸上部
  • 柔道部
  • バスケットボール部
  • バレーボール部
  • テニス部
  • 卓球部
  • 水泳部

などがあります。中には全国大会に出場するほどの強豪校もあります。

通信制高校で学ぶ人の中には人との交流が苦手だという人がいるかも知れません。その場合は陸上や柔道、剣道などの個人競技を選ぶといいですね。

また、人との交流が苦手でもチームプレーを通して積極的に人と関われるようになったというケースもあります。自分で「これはダメ」と決めつけずにいろいろ挑戦してみましょう。

文化部

  • 軽音楽部
  • ダンス部
  • 美術部
  • 書道部
  • 吹奏楽部
  • コーラス部
  • ゲーム部
  • アニメ部
  • 茶道部
  • 華道部

などバラエティに富んだ部活動があります。全日制高校よりもユニークな部活動が多いのが通信制高校の特徴だといえます。

ぜひ自分でやってみたいものを探してみましょう。特に文化部の部活動は一生の趣味になったり、将来の職業につながるものも多くあります。長い目で見て選ぶといいですよ。

練習時間が短いのが特徴

全日制高校の部活動は毎日の放課後と土日に練習できます。場合によっては授業の前に朝練をするところもあります。

練習時間が豊富なのが全日制の特徴ですが、通信制高校の場合は登校日が限られているため、全日制高校と比べると圧倒的に練習時間が少なくなります。

特に公立の場合はスクーリングといって登校する日は年に数回だけです。

多くても月に数回なので、どうしても練習時間が限られてしまいます。

そんな中でも練習して全国大会に出場する人もいるので、あきらめる必要はありません。限られた中で努力することで、粘り強さが身につきます。

練習場所が少ないというのも通信制高校の部活動の悩みになっています。場所をとらずにできる活動はいいのですが、野球やサッカーなど専用のグラウンドが必要な部活動では、環境が整わない学校も少なくありません。

通信制高校の中には大学や高校のグラウンドやプールを併用して使えるようにしているところがあります。

各学校の資料に詳しく書かれているので、気になるところがあれば見てみましょう。

通信制高校の全国大会

現在、定時制と通信制の高校のための全国の体育大会には次のようなものがあります。

  • 軟式野球
  • 陸上競技
  • 自転車競技
  • 卓球
  • ソフトテニス
  • 柔道
  • 剣道
  • バレーボール
  • バスケットボール
  • サッカー
  • バドミントン

その中でもっとも歴史が古いのは「全国高等学校定時制通信制野球大会」です。

野球試合は主に明治神宮球場やその周辺の球状で行われ、「もうひとつの甲子園」や「2つ目の甲子園」とも呼ばれています。

人数不足を補うため、女性の参加も認められているのが全日制との大きな違いです。

第1回大会が開催されたのは1954年(昭和29年)で、初年度の参加校はわずか6校のみでしたが、その後、参加校は徐々に増えていき、2008年には史上最多の45校が参加しました。

この大会は全日制高校の野球大会と比べると知名度はあまり高くありません。北海道や沖縄などの遠い学校になると、スタンドに数えられるくらいしか観客が集まらないこともあります。

しかし、地元の在校生を含めた応援団が駆けつけたり、同じ学校のブラスバンド部が合奏したりするところもあるなどみんなで盛り上げようという空気があふれています。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上