通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

アバターを仮想の学校に通わせるサイバー学習国というシステムを取り入れた明聖高校

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

アバターで学ぶサイバー通信制高校って何?

アバター

アバターで学ぶ学校とは?

アバターってご存知でしょうか?アバターとはインターネット上のコミュニティで自分を表現する人物像(キャラクター)のことで、似顔絵のようなものです。しかし、必ずしも本人と似ている必要はなく、動物やロボットをアバターにすることもできます。

通信制高校の中にはこのアバターを使って通学するスタイルを取っている学校があります。

千葉県千葉市にある明聖高校という私立の通信制高校です。

明聖高校は2000年に千葉県で初の私立の通信制高校として開校しました。2015年現在では通信制と単位制の全日コース、そしてアバターで通学する「サイバー学習国」の3つのコースが設けられています。

サイバー学習国とは

サイバー学習国というのは、同校の生徒が入れるインターネット上の仮想学校に自分の分身であるアバターを通わせて学習するシステムのことをいいます。

通常の学校は登校してクラスの生徒と顔を合わせなければいけませんが、サイバー学習国なら自分で作ったアバターを通わせるだけなので、現実に誰とも顔を合わせることがありません。それでいてほかの生徒と(インターネット上でですが)交流がもてます。

自宅で学習する孤独感がなく、しかも人と顔を合わせなくていいというメリットがあります。

不登校を経験した人や人との関わりに不安がある人、引きこもり傾向の人でも安心して学べます。また、地方に住んでいる人でも学習できるのがメリットだといえます。

サイバー学習の進め方

サイバー学習国での授業の進め方は難しいものではありません。ただし、パソコンやタブレット、スマートフォンなどインターネットにつながる環境が必要です。といってもスマートフォンだけでも可能なので、今の時代ならばどこにいても受講できます。

学習の進め方は次の通りです。

アバター作り

入学したら、まず自分の分身であるアバターを作ります。

パーツは200以上あるので、その中から好きなものを選んでいきます。髪形、顔の形や目・鼻・口などの形、洋服、めがね、アクセサリーなども自由に選べます。その日の気分によって服装を変えるのも楽しいですね。

授業

授業は20分間の動画を見ます。短い時間なので集中して見ることができますが、もし見逃した点やわからないところがあっても、何度でも繰り返し見ることができます。

ミニテスト

ミニテストはペーパー試験ではなく、スマートフォンやパソコンの画面で行います。定期的に配信され、問題の答えを4択から選んだり、文字をなぞったりとゲーム感覚で進められます。

学習の理解度を確認する意味でも役に立ちます。

ポイントがたまる

授業やミニテストを受けるとポイントがたまる仕組みになっています。たまったポイントはさまざまなアバターアイテムと交換することができます。

クラスメイトとの交流

実際に登校することはないので、一般の高校のような放課後や部活動といった活動はありません。しかし、アバターを通してほかの生徒とのコミュニケーションを取ることができます。

サイバー学習国のホーム画面を開いて教室に入り、友達とチャットであいさつやテレビの話などをできます。

また、マイアイランドに集まって友達とパーティをしたり、農園ゲームで野菜を育てたりといったことも可能です。

対面での指導も可能

勉強での不明点や友達との関係で悩むときなどは、いつでも先生とメールやチャットで相談できます。
もちろん対面での相談や指導も行っているので、遠慮なく相談してみましょう。

※このようなサイバー学習国のシステムを導入しているところはまだほとんどありません。また、賛否両論があります。

否定的な意見としては学校生活がすべてネット上で完結してしまうため、引きこもりを助長したり、人との健全な人間関係が作れないのではないかといった意見があります。

これに対して学校側は仮想学校での農園ゲームを通じ、実際の農園の収穫祭への参加を呼びかけるなど現実につなげる工夫をしています。

また、卒業率が98.1%と高いのが特徴で、その背景にはきめ細かい個別フォローがあります。スポーツ界や芸能界などで活躍する忙しい人が利用しているのもサイバー学習国の特徴です。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上