通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

アメリカの通信制高校にも日本から入学することができます

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

日本にいながらアメリカの通信制高校で学べる

アメリカの高校

アメリカの通信制高校とは

アメリカは日本とは学校の制度が違うため、一切登校しない(スクーリングなし)で卒業できる通信制高校があります。しかも、日本の通信制高校と提携していて、日本にいながら学習し、アメリカの高卒資格を得ることができます。

ほかにもアメリカの通信制高校で学ぶメリットは次のようにたくさんあります。

英語力がつく

英語当然のことながらアメリカの通信制高校のレポートは英語で提出します。そのため英語力が飛躍的にUPします。

卒業後にアメリカの大学や専門学校への進学を視野に入れることも可能です。また、ビジネスや留学の場面でも強い味方になるでしょう。

日本語のサポートがある

レポートの提出が英語だからといって、いきなり何もかもが英語で指示されるわけではありません。

日本語でのサポートがあります。わからないところは日本語で質問すれば、きちんと答えてくれるので安心です。

日本国内で学習できる

アメリカの通信制高校では多くの授業をeラーニングで行っています。これならインターネットの環境さえあれば学習が可能です。

また、DVDやCDとテキストを使って学習します。そのため、現地まで行かなくても単位が修得できます。
※アメリカの通信制高校の中には時差に関係なく現地時間でのWeb授業を行うコースもあります。事前によく確認しておきましょう。

スクーリングがない

スクーリングの義務がないため、自宅での学習だけで完結します。働きながら勉強する人や子育て中の人でも学習できるのがメリットです。

世界各国の生徒と交流できる

アメリカの通信制高校は世界各国の生徒を受け入れており、いろんな国の生徒と交流しながら学習を進めていくことができます。

日本の通信制高校との提携例

日本の通信制高校の中でアメリカの通信制高校と提携している学校がいくつかあるので、ご紹介します。

八洲学園大学国際高校

八洲学園大学国際高校では『American High School Academy 日本支部(Friends Abroad)』と教育提携をしています。

「日本の高校卒業資格」と同時に、「アメリカの高校卒業資格」が取得できるのが特徴です。

授業はeラーニングで英語で受けます。英語、科学、アメリカの歴史、数学、日本語の主要5科目で課題を英語で提出します。

学習期間は最短で6ヶ月~12ヶ月という短期間なので、日本の通信制高校のように3年間もかかることはありません。

スクーリングがないのもメリットです。日本にいながら日本の高卒とアメリカの高卒をダブル取得できます。

東京インターハイスクール

東京インターハイスクールはアメリカ・ワシントン州公認のアルジャー・インディペンダンス・ハイスクールの日本校です。

アメリカ・ワシントン州の教育規定に沿ったカリキュラムで、日本語と英語の両方で学ぶことができます。

学習はeラーニングのほかに教室での受講も可能です。

この学校で学ぶ生徒にはダンスや音楽、スポーツなどで世界を舞台に活躍したいと目指す人が多いのが特徴です。全日本フィギュアスケート選手権のペア部門で優勝した選手もこの学校で学んでいます。

登校の必要がなく、いつでもどこでも自由に学習できて、しかも高い英語力が身につき、日本とアメリカの両方の高卒資格が得られるのが魅力なのでしょう。

卒業生の中には、世界を視野に入れた進路が多いようです。

  • 海外で就職が決まった
  • バレエでの留学が決まった
  • 日本の大学に進学し、海外留学を考えている

HIUCハイスクール

ヒューマン国際大学機構付属HIUCハイスクールは日本とアメリカの高校をダブル卒業し、その後はアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどの名門大学の他、早稲田大学や上智大学など日本の名門大学への進学も目指すことができます。熟練のネイティブ・スピーカーによるオールイングリッシュの授業が特徴で、英語力は飛躍的にアップします。

グループワーク、プレゼンテーション、ノートテイキング、英語読解技術、学術英文法、リサーチ技術といったさまざまなカレッジスキルも身につきます。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上