通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

高校の出席日数は何故133日?ギリギリで留年しそうな場合は?についての基本情報

資料請求数 累計
50,000件以上

※2018年実績

無料資料請求

高校の出席日数は何故133日?ギリギリで留年しそうな場合は?

高校_ 出席日数_留年_アイキャッチ

高校生の中には、出席日数が足りなくなり「このままだと学校を休みすぎて留年しそう」と頭を抱えている人もいるかと思います。

しかし、いくつかの対策で留年を回避することが可能になります。

今回の記事では高校生の最低出席日数が133日な理由を紹介しつつ、留年しそうな高校生ができる対策について紹介します。

高校の出席日数は何故133日なの?

高校_ 出席日数_留年_出席日数

高校の出席日数は法律で定められておらず、学校によって差があります。

調査によると約89%の高校において総授業数は190日から209日となっており、その多くが3分の2以上の日数に出席することを進級の条件としています。

総授業日数にこの3分の2という数字を当てはめたのが、以下の数字となります。

授業日数 最低出席日数 欠席できる日数
190日の場合 127日 63日
200日の場合 133日 67日

参考:文部科学省 平成25年度公立高等学校における教育課程の編成・実施状況調査の結果について

そのため、多くの高校では最低出席日数として133日を採用しているわけです。

ただ総授業数や進級できる条件は学校によって変わるので、在籍している学校の規定を見て確かめるようにしましょう。

高校の出席日数がギリギリで留年しそうな場合の対策

高校_ 出席日数_留年_対策

高校の出席日数がギリギリで留年しそうな場合、諦めて留年するのはおすすめできません。

ですので、留年しそうな場合はこれから解説する対策を行ってみましょう。

救済措置を設けている場合チャンスを利用する

高校によっては、出席日数や成績が不足している場合、生徒に対して救済措置を設けてくれる学校があります。

  1. 赤点を取った場合に追試や補修を受けることで留年を免れる
  2. 出席日数が足りない場合に夏休みや冬休みに補習をおこなう

このような救済措置を設けているところがあります。

救済措置が用意される場合はそのチャンスを利用するようにして留年を回避するようにしましょう

教育支援センターに通う

教育支援センターは、適応指導教室と呼ばれるものでもあり、長期欠席をしている生徒を対象に学習支援を行っています。

教育支援センターに通うことで、在籍している学校の出席扱いにしてくれる場合もあります。

不登校で学校に行けない場合で留年になりそうな場合でも出席扱いになることがあるので、「留年でいいや」と諦めず、教育支援センターに通うようにしましょう。

通信制高校へ転入する

出席日数がギリギリで留年しそうな場合の対策として“通信制高校へ転入する”という対策も挙げることができます。

出席日数がギリギリで不登校気味の高校生が通信制高校への転入をすることは何故良いのか、その理由については以下の2つが挙げられます。

スクーリング(登校)日数が少ない

通信制高校は登校日数が少ない学校が多数存在しており、月1回や週1回、週3回、中には年間4回の登校で済むところもあります。

登校日数が少なければそれだけ空いた時間を自由に使えますので、趣味や自分がやりたいことに没頭することもできるでしょう。

また、通信制高校は全日制高校のように学力によっては入学できないということはないので、たくさんの通信制高校から自分に合ったところを選ぶことが可能です。

サポートが手厚いので、転入しても安心

通信制高校はカウンセリングなどサポートが手厚いので、不登校の高校生が転入した場合でも安心です。

不安や悩みが出た場合にすぐに相談できる環境だけでなく、登校が難しい高校生に対してもさまざまな対策を行ってくれる学校があります。

留年しそうな高校生必見!出席日数の少ない通信制高校を紹介

ルネサンス高等学校

ルネサンス高等学校

卒業率97%を誇る通信制高校となっています。

年4日のスクーリングで、3泊4日で行われる“集中スクーリング”や登校する日にちを選べる“日帰りスクーリング”から選択することができます。

進学実績もあり、大学進学を希望している高校生も通いながら大学を目指すことが出来ます。

第一高等学院

第一高等学校

第一高等学院は、50校と全国に多数のキャンパスが存在します。

生徒全員にiPad(R)miniを無償貸与しているので、自宅でキャンパスの勉強をすることができるようになっています。

また、第一高等学校はMobile HighSchoolという(通信コース)を設けており、スクーリング日数が年一回4日間の集中型になっています。

基本的に授業やレポート、提出物においてはタブレット端末で行えるようになっているので、非常に便利です。

高宮学院・高等部

高宮学院高等部

高宮学院・高等部は、最低の出席日数が年間5日の高校です。

出席は以下のどの項目でも卒業することが可能です。

  • 週1日~5日・・・自由に選択できます。
  • 年に5日・・・日にちがバラバラの場合や連続で出席することなど登校の日に関しては自由です。
  • 月に一回・・・毎月でなくても問題ありません。

また、午前のみや午後からの出席もできるので、とにかく自由にスクーリングの日時を自分で決めることができるのが嬉しいポイント。

このように高宮学院・高等部は自分のペースで高校に通える点も魅力の一つです。

また、少人数制の授業を採用しており、生徒一人ひとりに合わせた個別指導のシステムを採用。

緊張してしまう生徒などには個別教室で授業を行うなど、事情に合わせて柔軟な対応を行ってくれる学校なので、安心して学校に通うことができます。

高校の出席日数で留年しそうな場合の対策まとめ

高校の出席日数で留年しそうな場合の対策として、以下のことが挙げられます。

  • 救済措置を設けている場合チャンスを利用する
  • 教育支援センターに通う
  • 通信制高校へ転入する

出席日数が足らずに留年しそうになっている高校生は、通信制高校へ転入するのがオススメです。

その場合はスクーリング日数の少ないところを選ぶようにしましょう。

資料請求は無料ですので、気になった通信制高校があればまずは資料請求で特徴などを参考にして下さい。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計50,000件以上