通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

通信制高校も学校によっては海外に留学することができます

資料請求数 累計
50,000件以上

※2018年実績

無料資料請求

通信制高校に在籍しながら留学が可能!外国語の上達と海外を見るチャンス!

留学
通信制高校の中には海外留学コースを設けているところがあります。

全日制高校で海外留学をしようと思うと夏休みなどの長期休暇を利用する方法になりますが、通信制高校の場合は通学がなく時間が自由に使えるというメリットがあります。

そのため、留学のスケジュールが立てやすいのです。このページでは通信制高校に在籍しながら海外留学ができる「留学コース」について詳しくご説明します。

通信制高校が留学に向いている理由

まず通信制高校が留学に向いている理由について考えてみましょう。

通信制高校の学習スタイルが留学に向いている

通信制高校では、次のような学習スタイルを取っています。

  • 全日制高校のように毎日登校せずに自宅学習が中心 
  • 卒業に必要な単位はレポート提出と添削指導、年間数日のスクーリングに参加することで取得できる  
  • 卒業は3年以上かけてもいいので途中で学習を休むことが可能  
  • ネット学習を導入している通信制高校ならレポート提出もネットで可能  

このように「登校日数が少ない」ことと「ネットでの学習が可能」な点が、通信制高校の方が留学に向いている大きな理由と言えます。

留学を支援する留学コース

留学
さらに通信制高校では留学を支援する「留学コース」を設けたり、スクーリングを海外で実施したりするところがあります。

また、海外にキャンパスやサポート校を設けているところもあります。

そういった学校を選ぶと無理なく留学と高校卒業が可能になります。

通信制高校の留学コースの例

通信制高校では、語学の上達以外にスポーツやバレエ、音楽などの芸術を目的にしたものもあります。

いくつかの通信制高校の留学コースをご紹介します。

クラーク記念国際高等学校のオーストラリアキャンパス

オーストラリアは日本と気候は逆ですが同じように四季があり、治安がいいので旅行先としても留学先としても人気があります。

クラーク記念国際高等学校はオーストラリアのケアンズとスプリングフィールドにキャンパスがあります。

ケアンズはTAFE(Technical and Further Eduxaiotn:公立職業訓練学校)と連携しています。観光やスポーツ、音楽、デザインなど自分の興味にあったテーマに沿って、様々な体験を通して英語を学び、自分のやりたいことを見つけます。

一方、スプリングフィールドキャンパスでは英語力を伸ばすことに力を入れています。

それぞれのキャンパスは3週間の短期留学から最長27ヶ月まで可能です。現地でのホームステイ先も紹介してもらえますし、現地のキャンパスには日本人教師が常駐しているので、困ったときは日本語での相談も可能です。

ルネサンス高校の語学+α留学

ルネサンス高等学校では語学留学のほかに、+αの留学プランがあります。語学修得だけなら日本国内の英会話学校などでも可能ですが、現地ならではの+αを何か身につけようというのが目的です。

たとえば次のような体験ができます。

  • 語学+インターンシップ
  • 語学+現地ボランティア
  • 語学+バレエのレッスン
  • 語学+絵画のレッスン
  • 語学+美容学校(ネイルアート)を学ぶ
  • 語学+観光学を学ぶ
  • 語学+フィルムスタディ(映画)を学ぶ

他にもいろいろな体験ができます。
海外で専門のレッスンを受けたい人や現地で何かを体験したいという人におすすめです。

留学先としてはアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、アイルランド、ニュージーランド、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、中国、台湾などがあります。

KTCおおぞら高等学院のバンクーバーキャンパス

KTCおおぞら高等学院はバンクーバーに直営のキャンパスがあります。

現地の語学学校iTTTiバンクーバー内にKTCおおぞら高等学院生専用の教室があり、午前中は英会話レッスン、午後は高校卒業のためのレポート学習を行います。

たとえば半年間、このバンクーバーキャンパスに留学しながら、高校の単位修得のサポートが得られるので卒業時期が遅れるという心配がありません。

留学コースは6ヶ月、3ヶ月、2週間、1週間の中から選択します。目的や個人の事情によって選べるのがメリットです。

英語学習に力を入れるAIE国際高等学校  

兵庫県にあるAIE国際高等学校は株式会社エーアイイーが運営する通信制高校です。同校は通信制高校では唯一の「国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)認定校」です。

国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)認定校とは

IBDPとは国際バカロレア(IB)機構が運営する国際教育プログラムで、グローバルな視野に立って文化的、国家的、地理的な境界を越えた教育が必要という信念に基づいた学習を行うものです。

AIE国際高等学校の国際科IBDP(国際バカロレア・ディプロマプログラム)は国際的に活躍できる人材育成を目指して、日本語と英語のデュアルランゲージで学習を行います。(IBDPコースに入るには同校の英語、国語、数学の学科試験と面接で合格する必要があります。

海外の大学と提携

さらに語学力を高めたい人のために海外の提携大学に留学するコースもあります。

冬期体験留学として12月に約2週間、アメリカ文化体験ができるコースがあります。同校が提携しているワシントン州のセントマーチンズ大学の特別講義を受けたり、ホストファミリーと一緒にクリスマスと過ごしたりします。

また、より本格的な留学を希望する人には、セントマーチンズ大学、ピアスカレッジ(ワシントン州にある2年制の公立大学)、ハワイ大学カピオラニ校などに進学して学位を取得する正規留学の支援も行っています。

一ツ葉高等学校

一ツ葉高等学校には「ニューヨークダンス留学コース」と「アメリカ大学進学コース」があります。

ニューヨークダンス留学コース

同校のニューヨークダンス留学コースは、ダンスの本場ニューヨークの「Broadway Dance Center」でレッスンを受け、さらに提携校である「ニューヨークイングリッシュアカデミー」で語学を学ぶぜいたくなコースです。

ニューヨークイングリッシュアカデミーには一ツ葉高等学校の生徒専用クラスがあります。また、ここでの授業は一ツ葉高等学校卒業の単位として認定されるので安心です。

現地の日本人サポートもあるので、保護者の方も不安なく送り出すことができます。

アメリカ大学進学コース

こちらは高校卒業後にアメリカの大学に進学するコースです。

日本人がアメリカの大学に進学するにはかなり高い語学力が求められますが、一ツ葉高等学校では「ALL English Class」を設けていて、高校在学中にアメリカの大学受験に必要な語学力をマスターするように取り組んでいます。このクラスはニューヨークイングリッシュアカデミーが監修するカリキュラムで、授業はすべて英語で行われます。

また、ニューヨークイングリッシュアカデミーに留学して、そこで英語を学んでから現地の大学を受験する方法もあります。

いずれも同校が支援しています。アメリカの大学進学を考えている人は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

代々木高等学校の留学コース

代々木高等学校の留学コースではアメリカのほかにニュージーランド、オーストラリア、カナダ、フィリピンなど世界各地での留学ができます。

画一的な留学ではなく、生徒の希望に合わせて留学先や留学期間なども調整できるのがメリットです。

長尾谷高等学校の海外語学スクーリング

最後に海外でスクーリングを実施している長尾谷高等学校をご紹介しましょう。

長尾谷高等学校のスクーリングはカナダやオーストラリアの家庭にホームステイしながら語学学校に通います。

期間は2週間~目的に合わせて長期まで可能です。長谷尾高等学校の単位を修得しながら、海外語学スクーリングに参加することで2単位~6単位の修得が可能です。(別途1単位ごとに6500円が必要です)。

現地での介護施設訪問やスキー実習などの特別活動も魅力です。

海外留学は目的や内容をよく考えることが重要

このように多くの通信制高校で海外留学を実施しています。どれも魅力的ですが、それなりに費用がかかります。

海外留学を希望する場合は、次の点をよく検討するようにしましょう。

  • 留学の目的が明確であるかどうか  
  • 留学コースの内容が自分の目的と合っているかどうか  
  • 費用(提示されている費用以外に食費や宿泊費などがいくらかかるか)  
  • 留学期間  
  • 現地でのサポート  
  • 高校卒業に必要な単位認定があるかどうか  
  • 海外からでもレポート提出が可能かどうか  

通信制高校の本来の目的は「高校を卒業すること」です。まずは単位がきちんと修得できるかどうかを確認する必要があります。

その上で「何のために留学するのか」をよく考えるようにしましょう。海外留学は語学以外にダンス、演技、バレエ、音楽、ビジネスなどさまざまなことが学べますが、自分のやりたいこと、学びたいことと合致している内容かどうかをしっかり確認しておきましょう。

費用も要チェック

さらに費用や現地でのサポートなども要確認事項です。

学校側が提示している費用には「現地の学校での学費だけ」という場合があります。渡航費用や現地での食費、ホストファミリーに支払う費用など細かく確認してください。

また、現地で困った時にサポート体制があるかどうかも心配な点ですね。保護者の人と一緒に内容をよく確認して決めるようにしましょう。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計50,000件以上