通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

通信制高校と提携して生徒の学習や生活のサポートをしてくれるのがサポート校です。

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

通信制高校とサポート校の違いを知ろう

サポート校

サポート校とは

サポート校とは通信制高校で学習する生徒が、3年~4年で卒業できるように単位修得の支援を行う民間の塾やスクールのことを指します。

通信制高校は学校教育法に基づいて制定されていますが、サポート校は法令などで定められているわけではありません。いわゆる「無認可」ですが、最近では専修学校や学校法人が運営しているケースも増えています。

通信制高校とサポート校の違い

通信制高校とサポート校は同じもののように受け止めている人がいるかも知れません。しかし、実際には多くの違いがあります。

学校法で認められているかどうか

一番大きな違いは、「サポート校では高卒の資格が得られない」ということです。

これは上にも書いたように、サポート校は学校教育法で認められたものではありません。一般の学習塾や予備校と同じ位置づけです。塾や予備校で勉強しても、高卒や大卒と呼べないのと同じなのです。

最近ではサポート校の多くは通信制高校と提携しているケースが増えています。通信制高校に入る際にサポート校入学も同時に行うという形を取っています。

運営母体が違う

通信制高校の運営母体は、公立の場合は都道府県ですし、私立の場合は私立高校などが運営しています。一方、サポート校は学習塾や大手予備校、専門学校などの教育機関が運営しています。

学習内容が違う

通信制高校の学習内容

  • 報告課題(レポート)を提出する
  • スクーリングに出席する

そして、レポートに合格し、必要時間のスクーリングに出席すると単位認定試験が受けられます。3年以上在籍し、その間に74単位以上を修得すれば「高校卒業」の資格が与えられます。

一方、サポート校は文部科学省の学習指導要領に準じた授業を行う必要がありません。そのため、学校内で独自のコースやカリキュラムを組むことができます。

サポート校ではそれぞれの目的に応じたコースを設けていて、そのサポートを行います。サポート校には、さまざまな目的に合わせたコースがあります。

  • 大学進学をしたい
  • 芸能界で働きたい(デビューしたい)
  • 将来はアートの分野で働きたい
  • パソコンのWebデザインを学びたい
  • 中学校から不登校で学校の勉強がわからない。基礎から学びたい

自分にぴったりのサポート校を探してみましょう。

サポート校は心のケアもしてくれる

相談通信制高校を選択する人の中には、中学や高校でいじめに遭ったとか、先生との関係が悪くなったなどの理由で学校に行けなくなったという人がいます。

また、体調や精神的な面で、朝起きて毎日学校に行くのが苦手(つらい)という人や、校則に縛られるのが苦痛という人もいます。サポート校では個々の悩みを理解して、心のケアをしてくれるところが多いようです。カウンセラーが常駐しているサポート校もあり、生徒だけでなく保護者も一緒に相談に乗ってもらえます。

また、サポート校には同じ境遇の人が多いため、お互いの気持ちを理解し合える本当の友だちができたというケースが多く見られます。その結果、人と接するのが怖くなくなったとか、積極的になったという体験談もよく聞かれます。

学費が違う

通信制高校の学費

公立は入学金も受講料も数百円と、かなり安くなっています。私立は学校によって異なりますが、1単位5000円~になります。

サポート校の学費

通学するペース(週に何回通学するか)によって金額が異なります。入学金込みで年間30万円~週5回通う場合は年間80万円など、幅があります。ただ、学費には通信制高校の費用も含まれるケースがあります。事前によく調べてみましょう。

サポート校はこんな人におすすめ!

通信制高校だけでも単位を修得すれば高卒の資格は得られます。しかし、次のような人はぜひサポート校も利用されてはどうでしょうか。

  • 自己管理で学習を進めるのが難しい
  • 不登校の経験がある
  • 全日制高校と同じように部活動などの高校生活を楽しみたい

いくつかのサポート校の資料を取り寄せてみると、もっと具体的なことがわかりますよ。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上