通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

通信制高校の特徴はレポートとスクリーニングで学習が進んでいくということ

資料請求数 累計
50,000件以上

※2018年実績

無料資料請求

通信制高校の特徴~全日制とはこんなに違う!~

高校生活

「通信制高校」と聞くと、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?
「さまざまな事情で高校に進学できなかった人が通信教育で勉強する学校」といった「苦学」のイメージがあるかも知れません。

しかし、最近の通信制高校はもっと明るいイメージで、楽しい学校生活を過ごしている人がたくさんいます。また、通信制高校を選ぶ理由もお金のことだけでなく、将来の夢の実現など前向きな理由が増えています。

このページでは通信制高校の特徴や全日制高校との違いなどについて詳しくご説明します。

通信制高校とは?

通信制高校は「学校教育法」で定められた学校で、一定の課題をこなして試験で単位を修得することで高校を卒業(高卒の学歴を取得)することができます。

通信制高校のしくみ

通信制高校での学習のしくみと卒業までのプロセスは、下記のようになっています。

  • 単位ごとに自宅で学習し、レポートを提出する
  • 提出したレポートは教師が添削し、返送される
  • スクーリング(面接指導)として決められた日数を登校する
  • 各教科・科目ごとに単位認定試験を受ける
  • レポート提出、スクーリングの出席、認定試験に合格して74単位を修得する
  • 3年間で30単位以上の特別活動に参加する(※)

(※:平成15に法改正され、テレビやインターネットを利用した学習を取り入れた場合、特別活動の時間数の一部が免除されるようになりました。)

通信制高校は中学を卒業していれば何歳でも入学できる

通信制高校の入学(応募)資格は、「中学校を卒業していること」または「中学校卒業見込みであること」です。または相当年齢に達していて中学校卒業と同等以上の学力があると認定される人も応募が可能です。
学校

また、高校を中退した人が通信制高校に編入するケースや現在全日制高校に在籍している人が通信制高校に転入するケースもあります。

通信制高校の入試

通信制高校の入学試験は学校によって異なります。国語・英語・数学の3科目を中心に試験が行われる学校もあれば、作文と面接だけの学校、書類と面接だけの学校などさまざまです。

通信制高校には学年がない!

全日制高校や定時制高校には「学年」がありますが、通信制高校には学年や学級といったものがありません。すべて「単位制」となっています。そのため全日制高校のような「進級」もなければ「留年」もないのが通信制高校の特徴です。

通信制高校の特徴

①自宅学習とレポート提出が基本
②卒業には74単位の修得と特別活動への参加が必要
③3年以上在籍すること
④年齢を問わず入学できて、自分のペースで学習が進められる

通信制高校と全日制高校の学習方法の違い

通信制高校と全日制高校は授業や学習方法に違いがあります。

通信制高校と全日制高校の授業の違い

まず、全日制高校と通信制高校では、授業の形態が大きく異なります。高校に限らず学校は登校して授業を受けるもの……というイメージがありますが、通信制高校は違います。

通信制高校は登校せず自宅学習が中心

全日制高校では毎日5~6時間の授業があり、年間で200時間前後の授業があります。クラス全員が一斉授業を受けますが、出席日数が少ないと単位が修得できず、留年してしまいます。

一方、通信制高校は自宅学習が中心なので、登校して授業を受けるということがほとんどありません。

通信制高校で登校するのは年間に数日だけ

通信制高校では「スクーリング」という「面接指導」はありますが、それは年に数日だけです。基本的に自宅などで自分で勉強を進めます。

同級生が同じ教室で一斉に授業を受けるということもありません。毎日の宿題もなければ、みんなの前で意見を述べるということもありません。

全日制高校や定時制高校のように時間割もありません。自分で時間をやりくりして課題に取り組みます。

ただ、最近は通学も選べる通信制高校が増えてきました。個別指導が基本ですが、学校生活も楽しみたいという人にはオススメです。

通信制高校と全日制高校の単位修得方法の違い

全日制高校は学校教育法で修業年数が3年と決められています。1学年ごとに必要な単位を修得して、3年で卒業します。これを「学年制」と呼び、多くの全日制高校はこの学年制を採用していますが、最近は「単位制」を採っている学校もあります。いずれにしても授業に出て、各教科の試験を受けることで単位が修得できます。

なお、卒業に必要な単位は最低74単位以上で、各学校によって修得すべき単位数が決められています。

欠席が多いとか試験の点数が低いと単位が修得できずに卒業できないことがあります。

通信制高校の単位修得方法

通信制高校の場合は、最低3年以上かけて74単位修得すれば卒業できます。

次の3つをクリアすることで単位が修得できます。

  • 課題レポートを提出し、すべてで合格すること
  • スクーリングを必要時間数以上出席すること
  • 単位認定試験に合格すること

単位を修得する条件はこれだけです。全日制高校のように登校日数は問われません。そして3年以上かけて74単位を修得すれば卒業できます。

なお、すでに他の高校で単位を修得している場合は、それを合算することができます。

3年間(または4年間)でどのようなペースで単位を取るかは、自分で決めることができます。もちろん学校でもアドバイスや相談に応じてくれます。単位修得は下記の例のように、自分で進めやすいペースで取り組めます。

そのため、働いている人や子育て中の人でも無理なく高校卒業が目指せます。

1年目20単位 2年目30単位 3年目30単位 - 合計80単位で卒業
1年目20単位 2年目20単位 3年目20単位 4年目14単位 合計74単位で卒業

通信制高校には時間割がない

時間割全日制高校や定時制高校のように先生が決める時間割がありません。

通信制高校を利用する人は働いている人や主婦などもいます。決められた曜日や時間に学校に登校できなくても学習できるようになっています。ただ、単位を修得できるように自分で時間配分をしなければなりません。

特に課題レポートの提出は重要です。自分でペースを決められますが、それだけに「明日やろう」と先延ばしになりがちです。

そこで最近はテキストでの学習だけでなくタブレット端末やパソコンなどを使ってe-ラーニングを実施している学校が増えてきました。タブレット端末は学校が支給してくれるので、自分で準備しなくてもいいという学校もあります。

通信制高校と全日制高校の学校生活の違い

次に通信制高校と全日制高校の学校生活の違いを見てみましょう。

部活動や修学旅行がない

サッカー通信制高校は全日制高校のような部活動や球技大会、体育祭、文化祭、修学旅行などがありません。

特に部活動はあまり活発ではありませんが、定時制高校の生徒と一緒に活動しているところもあります。部活動はスクーリングの日に参加する程度なので、活動できる日数や時間は限られますが、さまざまな人が学校で学んでいるので部活動に参加することで視野が広くなります。

また、通信制高校で修学旅行を行っているところは少ないのですが、学校のイベントとして小規模の旅行や社会見学などをやっています。こういった活動は学校によって異なります。事前にいくつかの学校の資料を取り寄せて比較検討されるといいでしょう。

通信制高校には制服がない

通信制高校には制服がありません。登校する日数が少ないために制服そのものが不要なのだと言えます。

ただし、最近は1週間に2日~5日登校するスタイルの通信制高校やサポート校に登校するケースなどがあり、希望すれば制服を着用できる学校もあります。強制ではないので、制服でも私服でも自分で選択できます。

通信制高校は学費が安い

通信制高校は全日制や定時制の高校と違って学費が安いのが特徴です。親に学費を出してもらえないという人や、働きながら自分で学費を出したいという人は通信制高校を検討されるといいでしょう。

最近の通信制高校のスクールライフはかなり充実!

ここまでは一般的な通信制高校の特徴や学校生活をご紹介してきました。単位の修得方法や卒業の条件などは公立も私立も同じですが、私立の通信制高校の中には部活動や学校行事、授業など充実しているところがあります。

さまざまなコース設定で夢を実現

私立の通信制高校では、次のようにさまざまなコースを設けています。

  • アニメ・イラスト制作コース  
  • 声優コース  
  • ダンス・ヴォーカルコース  
  • 俳優・タレント・モデルコース  
  • 美容師コース 
  • 調理師コース  
  • ペット関連コース  
  • ビジネス資格コース  
  • 英語コース 
  • 大学進学コース 

連携校とのダブルスクールも可能

高校卒業資格は通信制高校で自宅学習を行い、上記のようなさまざまなコースは連携校(サポート校)に通うという方法もあります。

通信制高校の学習でわからないところは質問すればいつでも指導が受けられますし、趣味や資格、特技などを身につけたい場合は連携校に通うことで同じ目標を持つ仲間と楽しく学ぶことができます。

また、実技や実習も充実しているので、教科書だけの勉強ではなく、技能が身につく点もメリットです。

専門学校に行くより早道

全日制高校の場合は、高校を卒業してから大学・短大や専門学校に進学してさまざまな技能や資格を身につけます。その場合は年数も費用もかかりますが、通信制高校で専門のコースを受講したり、ダブルスクールで学んだりすると高校卒業と同時に資格が取れるので短期間、低費用で技能や資格を取得できます。通信制高校によっては就職のサポートも行っているので、夢の実現が早くなります。

スクーリングを兼ねて修学旅行を実施する学校も

私立の通信制高校は普段は自宅学習や、通える範囲の学習センターなどに通っていて、スクーリングだけ本校に行くというところがあります。本校が沖縄や北海道など遠隔地にあるので、数日間現地に宿泊する集中スクーリングという形をとっています。そのときは、まるで修学旅行のように楽しんでいます。

現地までの交通費や宿泊費はかかりますが、楽しみにしている人が多く、いい思い出になっているようです。

通信制高校の学校生活

基本は自宅学習で、時間割や制服、部活動、修学旅行などはありません。

ただ、学校によっては少人数授業があり、通学するところもあります。また、制服や部活動、学校イベントや修学旅行を行っているところもあり、楽しい高校生活を過ごしている人が多くいます。

詳しいことは資料請求して確かめてみましょう。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計50,000件以上