通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

不登校の定義とは「心理的、情緒的、身体的、社会的要因で登校しない生徒」

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

不登校の定義は厳密に決められています

不登校

文科省が定める不登校の定義

「不登校」というと、ただ単に「学校に行けない状態」と考えがちです。しかし、文部科学省では「不登校の定義」をかなり厳密に定義しています。

次のような状態が「不登校」になります。

「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」としています。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

学校生活上の理由

不登校になる理由として、いやがらせをする子どもの存在や教職員との人間関係等、明らかにそれと理解できる学校生活上の影響から登校しない(できない)タイプがあるとしています。

ただ、このタイプは一時期は本人が混乱していますが、それが落ち着けば登校可能なケースが多いといわれています。そこで学校では学級担任の配慮や指導、援助などをして長期化しないように取り組んでいます。

あそびや非行による理由

不登校になるきっかけに無断欠席や遅刻、早退などの行動を繰り返すということがあります。このタイプは非行グループに入って遊ぶことが不登校に発展していきます。

無気力が理由

学校に行かない理由がはっきりしないタイプです。友だちとのトラブルがあるわけではなく、本人にもはっきりした理由がないケースが多いのが特徴です。登校しないことへの罪悪感が少なく、迎えに行ったり、強く催促したりすると登校しますが、長続きしません。

周囲があきらめてしまうと、そのまま学校に行かなくなってしまいます。

不安などの情緒的混乱の理由

本人には登校の意思がありますが、身体の不調を訴えて登校できないタイプです。本人は漠然とした不安を抱えていますまた、不安を中心とした情緒的な混乱によって登校できなくなります。

意図的な拒否

学校に行く意義を感じられず、自分の好きな方向を選んで意図的に登校しないタイプです。

保護者の影響で本人が登校を拒否するようになる場合もあります。

ADHA/アスペルガー症候群による理由

ADHAは脳の発達障害(ADHA:注意欠陥・多動性障害)により授業に集中できないことが理由で不登校になるタイプです。

アスペルガー症候群は高機能自閉症とも呼ばれ、人とのコミュニケーションがうまく取れません。学校生活で孤立した結果、登校できなくなってしまいます。

その他、複合型

不登校になるには何か1つ大きな要因があるという場合もありますが、上記のいくつかの理由が複合して登校できないというケースがあります。また、どのタイプとどのタイプが複合しているのかを見極めるのは専門家でも難しいといわれています。

このように不登校になる理由はさまざまです。

その際に子どもを叱ったり、「家庭が悪い」と決めつけたりしないことが大切です。また、原因探しをすることが大切なのではなく、「不登校」という姿を通して子どもが何を訴えようとしているのかをくみ取ることが大切です。

その結果、将来をどう進んでいくのがその子にとって最善なのかを一緒に考えてあげましょう。その場合はさまざまな方法があることを教えてあげると、本人は安心して将来に希望を持つことができます。

特に最近は不登校の子どもでも高卒の学歴を習得できる体制が整っています。親子や教師とともにそういった道すじを教えてあげるといいでしょう。希望が見出せれば、またやる気を持って取り組み始めるケースが多いようです。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上