通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

不登校の高校生に待ち受ける将来とは?現実やリスクを紹介についての基本情報

資料請求数 累計
50,000件以上

※2018年実績

無料資料請求

不登校の高校生に待ち受ける将来とは?現実やリスクを紹介

高校_不登校_将来_アイキャッチ

高校生で不登校になった場合、将来さまざまな現実やリスクが待ち受けています。

そこで当記事では不登校の高校生に将来待ち受ける現実やリスクについて紹介しつつ、それを回避するためにはどうしたらいいのか解説していきますので参考にして下さい。

不登校の高校生に将来待ち受ける現実とリスク

高校_不登校_将来_リスク

高校生が不登校になると将来、2つの現実とリスクが生じる可能性が高まります。

その2つの現実とリスクについて解説していきます。

働き口が限られる

高校生が不登校になることで将来働き口が限られてしまう場合があります。

現在通っている高校の種類にもよりますが、全日制高校の場合は出席している日数が基準に満たしていないと留年してしまったり卒業をすることができません。

就職する際は履歴書が必要なところがほとんどなので、高校を留年していたり卒業できていないとなると企業側に伝わります。

そうすると、なかなか内定を頂けない場合があります。

常に人員が不足しているところや力仕事の企業の場合は経歴をあまり重視していないところもあるので、そういった企業に働き口が限定されやすくなります。

ただそういった企業は低賃金であっったり、ブラックであるリスクが高いので、良いこととは言えないでしょう。

引きこもりになりやすい

小中学生の不登校は将来の引きこもりに影響されやすいというのは調査の結果として出ています。

参考:「引きこもり」の実態に関する調査報告書(2010年)

しかし、高校で不登校になった場合も同様に、将来引きこもりになりやすいと考えられます。一度、不登校で引きこもりになるとそれが大人になっても継続したままになる場合があるためです。

高校生の時の不登校がきっかけでそこから成人後も引きこもりとなっているケースも現実ではたくさん起こっているのでできるだけ避けたいリスクであると言えます。

不登校の高校生に将来待ち受けるリスクを回避するには

高校_不登校_将来_リスク回避

高校生で不登校になった場合、将来待ち受けている現実やリスクを回避するためにできることは5つあります。

先ほどの章で説明した将来への現実やリスクを回避するためにできることについて見ていきましょう。

高校を一日休んでみる

こちらは不登校になる前に行ってほしい方法で、高校を一日休んでみるということです。

「学校が辛くて我慢できない!もう学校に行くのを止めよう」と思う前に一日休むのがポイントです。

「休むのに抵抗がある」という高校生もいるかもしれません。しかし、休むことは“悪いこと”ではありません。

一日休むことで、「また明日からもう一度頑張ってみようかな・・・」と心身の状態が良くなれば、休む以上のメリットがあるといえます。

ですので、思い切って高校を休んでみるという方法を取ることにより不登校になることを防ぎやすくなります。

罪悪感を軽くする

すでに不登校になっている場合は、不登校への罪悪感を軽くしましょう。

不登校への罪悪感は心身の状態を悪化させてしまう原因となります。

心身の状態が悪化してしまうことで不登校が長引いてしまうだけでなく、自分を責めがちになるので引きこもりが引き起こされやすくなります。

不登校に対し罪悪感があるということで、将来待ち受ける現実やリスクが上昇してしまうのです。

ですので、不登校に対する罪悪感を軽くしていくことが大切になります。

やりたいことや好きなことに取り組む

やりたいことや好きなことに取り組むこともリスクを回避するために大切なことです。

というのも、やりたいことや好きなことに取り組むことで意欲が湧きやすくなります。その結果、引きこもりを引き起こす可能性が激減するので将来のリスクを回避することが可能になります。

また、やりたいことや好きなことが、将来仕事にしたいことに変わるといった可能性も秘めているのです。

そのため、やりたいことや好きなことに取り組むのは、リスクを回避する上で良い方向に変えてくれる可能性を上げてくれます。

アルバイトをしてみる

将来のリスクを回避するためにアルバイトをしてみるという方法も有効です。

アルバイトを始めることでお金を稼ぐことの大変さや大切さを学ぶことができます。そうすることで、将来の引きこもりの可能性を下げることができます。

さらにアルバイトを始めることで働き口が広がるといった利点もあります。また、アルバイトをしているところで正社員になることができたり、アルバイトしている業種に就きやすくなります。

こちらの方法は不登校でエネルギー不足になっている状態で無理に行うものではなく、意欲が湧いてきた状態で取り組みたい方法になるので気をつけましょう。

通信制高校へ転入する

今の高校から通信制高校へ転入するということも有効な方法の一つです。

不登校の原因は人によって様々ですが、通信制高校へ転入することで環境を変えることができるため、不登校を解消できる可能性が上がります。

さらに高校生の不登校でも通いやすいようにサポートがしっかりとしている学校が多いのも特徴の一つです。

中にはモデルやプロゲーマー。スタイリストといった自分のやりたいことの勉強ができる通信制高校もあります。通うメリットは大いにあると言えるでしょう。

不登校の高校生が転入できる通信制高校を紹介

高校_不登校_将来_転入

不登校の高校生が随時転入できる通信制高校を紹介します。資料請求の際の参考にしてください。

飛鳥未来高等学院

高校_不登校_将来_飛鳥未来

飛鳥未来は全国に11のキャンパスを持つ通信制高校です。登校の服装も自由で、日数も自分のペースで好きなように選べるのもポイント。

行事も文化祭やクリスマス会、スポーツ大会など年間10回以上の多彩なイベントを開催しているので、高校生活を楽しく送りたいと思っている高校生にもオススメです。

中央高等学院

中学生_不登校_将来_通信制高校

中央高等学院は長年の実績や経験に基づき不登校やひきこもりの生徒に対する個別学習指導も行っている通信制高校です。

週一回からのスクーリング(登校)からスタートし、個別対応でゆっくり学校に慣れることから始めることができます。

そのため、不登校の高校生が転入した際にも徐々に慣れることが可能です。

ルネサンス高等学校

ルネサンス高等学校

ルネサンス高等学校では卒業率97%を誇る通信制高校です。最低限のスクーリング(登校)日数は、年4日という少なさもポイントです。

新宿代々木キャンパス、愛知の豊田駅前キャンパス、大阪本校では週2回〜3回通学するコースも存在するのである程度通学したい人にも対応しています。

また最先端の学習スタイルを取り入れている学校でオンラインで授業を受けることができたり課題やレポートをタブレットやPCで簡単に提出可能です。

不登校の高校生の将来まとめ

高校生が不登校になった場合、リスクを回避できるように以下のポイントに目を通しておくのが重要です。

  • 高校を一日休んでみる
  • 罪悪感を軽くする
  • やりたいことや好きなことに取り組む
  • アルバイトをしてみる
  • 通信制高校へ転入する

中でも通信制への転入は環境を一新することができ、スキルを身に着けることで将来に苦労するリスクを大幅に減らすことができます。

通信制高校への転入に橋っ身のある高校生や親御さんは、まず通信制高校の資料を取り寄せることから始めることをオススメします。

以下のリンクからであれば全て無料で資料請求することが可能です。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計50,000件以上