通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

定時制高校の平均学費はいくら?卒業率や授業時間も紹介についての基本情報

資料請求数 累計
50,000件以上

※2018年実績

無料資料請求

定時制高校の平均学費はいくら?卒業率や授業時間も紹介

定時制高校_学費_アイキャッチ

定時制高校への入学、転入を検討している場合、もっとも気になるのが学費だと思います。

実は定時制高校と言っても公立や私立、地域によって学費は大きく異なります。

そこで今回の記事では定時制高校に通うにはどれくらい学費が必要なのか内訳も含めて解説しつつ、卒業率や学費の安い定時制高校ラキングも紹介していきます。

定時制高校とは?

定時制高校_学費_定時制

まず定時制高校とは、主に以下のような事情により全日制高校に通うことができない人が高等学校教育を受けるための学校です。

  • 中学卒業後に仕事を始めた人
  • 様々な事情から不登校になったり通学が難しくなった人
  • 起立性調節障害(朝の倦怠感がひどく起きれない)などの病気を患っている人

定時制高校には、大きく分けて私立と公立の2つがあります。私立は学年制のところがほとんどで、公立は学年制のところ、単位制のところが存在します。

また授業の時間帯は、

  1. 従来の夜の時間帯に授業を行う“夜間定時制”
  2. 朝・昼・夜の時間帯に授業を行う“三部制”
  3. 朝と昼の時間帯に授業を行う“昼間二部定時制”

このようにさまざまな時間帯に授業を行っています。

どの時間帯に授業を行うかは学校によって違うので、気になるところがどのような授業時間で取り組んでいるか必ず確認をしましょう。

定時制高校の卒業率は?

定時制高校_学費_卒業

定時制高校の卒業率は70%ほどです。その中でも公立では卒業率が下がり、私立ではやや上がっているという傾向が見られます。

平成22年度の定時制高校の中退率は14%という結果が出ています。

しかし、定時制高校の在学中に高卒認定試験に合格した生徒や通信制高校へ転入した生徒などもいることから、実際に高校卒業を諦める生徒はこの数字より少ないといえるでしょう

全日制高校の卒業率は約99%なので、定時制高校の卒業率は全日制と通信制と比較すると少ないと言うことが分かります。

(参考:高校生の不登校・中途退学の現状等

定時制高校の平均学費はいくら?

定時制高校_学費_学費平均

私立定時制高校の平均学費

私立の学費は学校によって大きく異なるのが特徴です。ただ平均すると入学金は約20〜30万程度かかるほか、初年度の学費は約50万〜100万ほどかかると言われています。

※制服代、修学旅行積立金、施設費、教材代など含む

また高等学校等就学支援金制度の対象であり、家庭の所得によって支援金が支給されることがあるため、学費の負担を減らすことが可能です。

私立の定時制高校の平均学費:¥1,040,000

公立定時制高校の平均学費

公立の定時制高校で実際にかかる学費の多くは学校徴収金(授業や校外学習などの学校の教育活動において必要となる経費)がほとんどです。

公立の定時制高校に通う場合、高等学校就学支援金制度を使うことで、

  • 授業料(学年制の場合)
  • 習得費(単位制の場合)

上記の費用をほとんど無料にすることが可能です。

公立の定時制高校の平均学費:¥451,000

(参考:平成28年度子供の学習費調査の結果について

⾼等学校等就学⽀援⾦制度とは?

授業料の支援金が支給される制度で一定の年収(年収約910万円)未満の家庭に対して適応されます。

支援金額は以下の通りとなっています。

  • 公立の定時制高校(学年制)・・・月額¥2,700
  • 公立の定時制高校(単位制)・・・¥1,740(1単位あたり)
  • 私立の定時制授業料(学年制)・・・月額¥9,900

また、私立の定時制高校で一定の条件(市町村民税所得割額)が以下にあてはまる家庭の場合、高等学校等就学支援金が支給されるといった仕組みです。

  • ¥51,300~¥154,500未満・・・基本額の 1.5倍
  • ¥100~¥51,300未満・・・基本額の2倍
  • ¥0(非課税)・・・基本額の2.5倍

この制度は県ごとに条件が異なる場合があるので、利用したい場合は県に確認するようにしましょう。

定時制高校の学費内訳

入学料

公立の定時制高校は学年制、単位制ともに入学料は一律で2,100円です。

私立の定時制高校は学校によって入学料が異なり、10万未満のところから30万近くのところまでさまざまです。

実際の私立定時制高校の入学料は以下の通りです。

・一例

中央大学高等学校 ¥250,000
科学技術学園高等学校 ¥200,000
駿台学園高等学校 ¥230,000
綾羽高等学校 ¥130,000
国士舘高等学校 ¥250,000
太平洋学園高等学校 ¥50,000
天理高等学校 ¥50,000
福井南高等学校 ¥98,000
小林西高等学校 ¥100,000

私立の定時制高校は、このように入学金が学校によってかなり開きがあります。

授業料

公立の定時制高校(学年制・単位制)、私立の定時制高校の授業料は一体どれくらい必要なのか見ていきましょう。

公立の定時制高校(学年制)の授業料

学年制を採用している公立の定時制高校は、年間32,400円が必要なため、卒業するまでに有する金額は129,600円です。

公立定時制高校(単位制)の授業料

単位制を採用している公立の定時制高校は1単位あたり1,740円が必要になります。

公立の定時制高校を卒業するには74単位以上取得しなければいけないため、卒業までに有する授業料は128,760円です。

公立の定時制高校の授業料は学年制、単位制ともに金額の差はあまりありません。

私立の定時制高校の授業料

基本的に学年制を採用している私立の定時制高校は学校によって授業料が異なりますが、年間10万〜40万ほど必要になります。

さらに3年制と4年制があるため、在席する年数によっても金額は大きく異なるので注意が必要です。

学校徴収金

学校徴収金は、授業や修学旅行といった学校の教育活動において必要となるお金のことを指します。

例えば、

  • 教材費
  • 生徒会費
  • PTA会費
  • 部活動費
  • 給食費
  • 寮費
  • 教育充実費
  • 施設費
  • 施設設備費
  • 校納金
  • 後援会・支援会費

このような名目のものが学校徴収金に含まれます。

費用や名目は学校によって異なりますので、前もって学校に確認するようにして下さいね。

物品購入費など諸費用

定時制高校で制服が指定されているところであれば、制服・靴・鞄といった物品の購入が必要になります。

また定時制高校は数が少ないため、住んでいる地域に学校がない場合も。その際は学校までの交通費がかかります。

場所によっては交通費がかなり高くつく場合がありますので、学校を決める前に事前に計算しておく必要があると言えるでしょう。

学費の安い定時制高校ランキング

定時制高校_学費_ランキング

年間学費の安い定時制高校のランキング形式で紹介します。

こちらの情報は、2018年12月~2019年2月時点のものとなります。

1位:太平洋学園高等学校

太平洋学園高等学校は、高知県高知市にある定時制高校です。

出願資格は、高知県在住の人限定なので注意してくださいね。

入学金 ¥50,000
施設設備費(年間) ¥8,000
教育関連諸費(年間) ¥20,000
1単位当たりの授業料 ¥10,800
年間学費目安 ¥166,700~¥250,700

2位:福井南高等学校

福井県南高等学校は福井県福井市にある昼間定時過程の定時制高校(単位制)です。

入学金 ¥98,000
授業料 ¥277,200
施設費 ¥66,600
その他 ¥46,000
年間学費目安 ¥487,800

3位:綾羽高等学校

綾羽高等学校は、滋賀県草津市にある昼間定時課程を採用している高校です。

入学金 ¥130,000
授業料 ¥270,000
施設費 ¥114,000
年間学費目安 ¥514,000

4位:天理高等学校

天理高等学校は奈良県天理市にある夜間定時制の高校です。学年制を採用しています。

入学金 ¥50,000
授業料 ¥430,000
その他 ¥43,530
年間学費目安 ¥523,530

5位:小林西高等学校

小林西高等学校ら宮崎県小林市にある昼間定時制の高校です。学年制(4年)を採用しています。

入学金 ¥100,000
授業料 ¥288,000
施設費 ¥20,000
その他 ¥74,400
年間学費目安 ¥602,400

6位:一燈園高等学校

一燈園高等学校は京都県京都市にある高校です。少人数クラスできめ細やかな指導をしています。

入学金 ¥0
授業料 ¥493,200
施設費 ¥108,000
その他 ¥36,000
年間学費目安 ¥637,200

一燈園高等学校には寮があるため、入寮者は上記に加えて寮費(3食込み)が必要となります。

  • 土日在寮型 ¥1,023,000
  • 土日帰省型 ¥671,000

7位:愛知黎明高等学校

愛知黎明高等学校は、愛知県弥富市にある昼間定時制の高校(単位制)です。

学科は、衛生看護科を設置しています。

入学時納付金 ¥200,000
授業料 ¥408,000
その他 ¥33,600
年間学費目安 ¥641,600

8位:駿台学園高等学校

駿台学園高等学校は東京都北区にある夜間定時制の高校(学年制)です。

入学金 ¥230,000
授業料 ¥396,000
施設費 ¥150,000
その他 ¥73,400
入学手続き時 ¥380,000
年間学費目安 ¥849,400

上記に加えて、

  • 制服代
  • 指定品代

などが必要になります。

9位:国士舘高等学校

国士舘高等学校は東京都世田谷区にある昼間定時制の高校です。

定時制過程では普通科を設けています。

入学金 ¥250,000
授業料 ¥414,000
施設費 ¥144,000
その他 ¥172,000
年間学費目安 ¥980,000

上記に加えて、

  • 制服代(男子) 約¥82,000
  • 制服代(女子) 約¥93,000
  • 修学旅行費 約¥136,000

などが必要になります。

10位:科学技術学園高等学校

科学技術学園高等学校は東京都世田谷区にある昼間定時制の高校です。

入学金 ¥200,000
授業料 ¥408,000
施設費 ¥180,000
その他 ¥218,000
年間学費目安 ¥1,006,000

11位:中央大学高等学校

中央大学高等学校は東京都文京区にある昼間定時制の高校です。

生徒一人ひとりに寄り添った学習指導と大学進学などさまざまな進路希望にあわせた学力をつけることができます。

入学金 ¥250,000
授業料 ¥450,000
施設費 ¥250,000
その他 ¥120,000
年間学費目安 ¥1,070,000

上記に加えて、

  • 副教材費等 約¥95,000
  • 制服代 約¥100,000

などが必要です。

定時制高校の授業時間は?

定時制高校_学費_授業

学年制を採用している公立の定時制高校は、4年制で1日4時間の授業を受ける形になっています。

単位制の公立の定時制高校は、1日にたくさんの授業をうけ、74単位以上を習得すると最短3年で卒業することが可能です。

また、私立の定時制高校は学年制を採用しているところがほとんどで、3年制と4年制から選ぶことができます。

  • 3年制の場合・・・1日に5〜6時間授業を受けます。
  • 4年制の場合・・・単位制を採用している公立の定時制高校と同じで1日4時間の授業を受ける形となります。

全日制高校と比較した場合

全日制高校は朝から夕方まで5〜8時間授業を受けるため、“3年制の私立の定時制高校”と“公立の定時制高校”の場合、全日制高校と授業時間はあまり変わりません

しかし、単位制を採用している公立の定時制高校や“4年制を採用している私立の定時制高校”は全日制高校よりも1日の授業時間は少ない傾向にあります。

通信制高校と比較した場合

通信制高校はスクーリング(登校)日数を週1〜週5回まで選ぶことができたり、年間4日の合宿型のスクーリングを採用しているところなど、学校によってさまざまです。

通信制高校は基本的に午後からや週末のみ授業を受けるなど時間割を選ぶことができますが、公立、私立の定時制高校は時間が決まっているところが多い傾向があります。

定時制高校と通信制高校の学費を比較

定時制高校_学費_比較

定時制高校(公立・私立)と通信制高校(公立・私立)の学費は以下の通りです。

高校の種類 学費
公立の定時制高校(学年制) ¥97,200
公立の定時制高校(単位制) ¥128,760
私立の定時制高校 ¥400,000程度
(学校によって学費の差があります)
公立の通信制高校 ¥30,000程度
私立の通信制高校 ¥740,000程度
(学校によって学費の差があります)

実際に定時制と通信制を設けている綾羽高等学校で学費の差を見ていきましょう。

〜綾羽高等学校で比較〜

定時制  金額 通信制 金額
入学金 ¥130,000 入学金 ¥80,000
授業料 ¥270,000 単位履修登録料 ¥162,500
施設費 ¥114,000 諸経費 ¥104,600
合計 ¥514,000 合計 ¥347,100

綾羽高等学校を見ると、トータルで通信制の方が学費が安いということが分かります。

できるだけ学費を抑えたいという方は、通信制高校の方がおすすめです。

学費から見るおすすめの通信制高校

定時制高校_学費_おすすめ

通信制高校は学費が定時制よりも安く、授業時間や登校日数などの選択肢が増えます。

そこで、通信制高校の中でも学費が比較的安い学校を紹介します。

第一高等学校

第一高等学校

第一高等学院は、50校と全国に多数のキャンパスが存在します。

生徒全員にiPad(R)miniを無償貸与しているので、自宅でキャンパスの勉強をすることができます。

また基本的に授業やレポート、提出物においてはタブレット端末で行えるようになっているので、非常に便利なシステムを採用している学校です。

第一高等学校の学費

入学金 ¥10,000
本校授業料 ¥250,000(¥10,000×25単位)
本校指導関連費 ¥30,000
特別指導料 ¥75,000
ライブキット代 ¥21,000
年間学費目安 ¥386,000

鹿島学園高等学校

鹿島学園高等学校

鹿島学園高等学校は通学日数を選択できたり、個人指導制や自宅学習制などさまざまな学習スタイルから自身にあったコースを選ぶことができます。

また、鹿島学園高等学校のキャンパスは首都圏限らず全国に200ヶ所以上あるため、自身の通いやすい場所を選ぶ事が可能です。

鹿島学園高等学校の学費

入学金 ¥50,000
授業料 ¥175,000(¥7,000×25単位)
年間施設費 ¥24,000
年間学費目安 ¥250,000

学校法人佐藤学園 ヒューマンキャンパス高等学校

ヒューマンキャンパス高等学校

ヒューマンキャンパス高等学校はフリーセレクト過程を採用しており、40種類以上の分野を学ぶことができる学校です。

入学することで100を超える職種を目指すことができるため、好きなことを仕事にしたい方におすすめ。

学習センターも全国に40以上あるので、都市部はもちろんのこと、地方在住の方でも気軽にスクーリングすることが可能です。

学校法人佐藤学園 ヒューマンキャンパス高等学校の学費

入学金 ¥10,000
授業料 ¥204,000(¥8,500×24単位)
施設費 ¥60,000
教科学習費 ¥32,000
教育充実費 ¥120,000
年間学費目安 ¥306,000

(上記に加えてスクーリング費用が必要です)

ルネサンス高等学校

ルネサンス高等学校

卒業率97%を誇る通信制高校です。

年4日のスクーリングで3泊4日で行われる“集中スクーリング”や登校する日にちを選べる“日帰りスクーリング”から選択することができます。

進学実績もあり、大学進学を希望している高校生も通いながら大学を目指すことが出来ます。

ルネサンス高等学校の学費

入学金 ¥50,000
授業料 ¥10,000×単位数
施設設備費 ¥20,000
教育関連諸費 ¥60,000
年間学費目安 ¥324,700

(上記に加え、スクーリング費等が必要です。)

飛鳥未来高等学校

飛鳥未来高等学校

飛鳥未来は全国に11ものキャンパスを持つ通信制高校です。登校の服装も自由で、日数も自分のペースで好きなように選べるのもポイント

行事も豊富で文化祭やクリスマス会、スポーツ大会など年間10回以上の多彩なイベントを開催しています。ですので高校生活を楽しく送りたいと思っている高校生にもオススメの学校です。

飛鳥未来高等学校の学費

入学金 ¥10,000
授業料 ¥192,000(¥8,000×24単位)
教材費 ¥40,000
施設費 ¥60,000
年間学費目安 ¥292,000

学費が比較的安い通信制高校を紹介しましたがコースなどによって学費が大きく異なる場合があります。

そのため、気になる学校がある場合は、資料請求をして最新の情報をチェックしてくださいね。

定時制高校の平均学費まとめ

定時制高校は全日制高校よりも学費は安い傾向にありますが、通信制高校は定時制高校よりもさらに学費を抑えることができます。

通信制高校は無料で資料請求することができますので、学費を抑えたい場合はまず資料請求をしましょう。

そして様々な学校の情報を知った上で、自分や子どもが通信制か定時制のどちらに進学するべきか選ぶことをオススメします。

 

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計50,000件以上