通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

通信制高校の費用は全日制と比べてずっと安くなっています。

資料請求数 累計
50,000件以上

※2018年実績

無料資料請求

通信制高校の公立と私立での違いは?それぞれの特徴、勉強体制、校風、自由度を徹底紹介!

授業風景

通信制高校には公立と私立の2種類がありますが、それぞれにどんなメリットとデメリットがあるのか分かりにくいと思います。

そこで当記事では公立の通信制高校と私立の通信制高校の特徴や、勉強、体制、自由度、登校方法、サポート、学費の違いを解説しています。ぜひ通信制高校選びの参考にして下さい。

そもそも公立と私立の通信制高校は設置母体や学区が違うのが特徴

公立の通信制高校と私立の通信制高校では、設置(運営)母体や学区が異なります。

公立の通信制高校とは?

公立の場合は、都道府県が通信制高校を設置していて、1都道府県内に1校以上の通信制高校があります。中には複数の学校がある都道府県もあるため、全国では約70校ほどが存在します。

公立の通信制高校の学区は、基本的には同一都道府県内に住む人または勤務する人が対象になっています。

主な公立の通信制高校

全国の主な地域の公立の通信制高校をご紹介します。

都道府県 学校名 入学金 授業料
東京都 ・一橋高校
・新宿山吹高校
・砂川高校
336 円/1単位 500円
神奈川県 ・横浜修悠館高校
・厚木清南高校
・平日講座 700円/1単位
・日曜講座 350円/1単位
・IT講座 350円/1単位
なし
千葉県 ・千葉大宮高校 330円/1単位 500円
愛知県 ・愛知県立旭陵高校
・刈谷東高校
336円/1単位 500円
大阪府 ・桃谷高校 最大9,900円 500円
兵庫県 ・青雲高校
・網干高校
約8,000円 500円
広島県 ・東高校
・西高校
330円/1単位 500円

記事の後半でも解説しているのですが、公立の通信制高校の学費は格安!

公立の通信制高校は入学金が500円程度、授業料は1単位あたり330円前後と格安で学べます。

なお、授業料以外に教科書代や設備費、生徒会費などがかかります。それでも年間で1~2万円程度です。

私立の通信制高校とは?

私立の通信制高校には、学校法人のほかに株式会社が設置運営しているものもあります。学区の限定は特になく複数の都道府県にキャンパスがある「広域通信制高校」と1つの都道府県だけ、または隣の府県など狭い範囲を通学圏にしている「狭域通信制高校」があります。

広域の通信制高校の例

広域の通信制高校は本校の他に、全国各地に学習センターや協力校などのキャンパスを設けています。

また、私立の通信制高校の学費は下記のように公立よりも高くなっています。

学校名 本校所在地 キャンパス
(協力校・学習センター)
授業料
NHK学園高校高等学校 東京都国立市 全国31ヶ所 授業料:1万円/1単位
八洲学園高等学校 大阪府堺市 関西と関東に複数校 入学金:2万円
授業料:1万円/1単位
ヒューマンキャンパス高等学校 沖縄県名護市 全国43ヶ所 入学金:1万円
授業料:8,500円/1単位
第一学院高等学校 茨城県高萩市 全国50ヶ所 入学金:1万円
授業料:1万円/1単位
鹿島学園高等学校 茨城県鹿嶋市 全国各地に多数 入学金:5万円
授業料:7,000円/1単位

キャンパスの数や入学金、授業料は2018年10月時点のもので、変更になる場合があります。また、授業料の他に諸費用が必要になります。

狭域の通信制高校の例

狭域の通信制高校は地域限定で生徒を受け入れています。いくつかの例をご紹介します。

学校名 本校所在地 受験可能地域 入学金
授業料
青森山田高等学校 青森県青森市 ・青森校(青森県、秋田県、岩手県)
・札幌校(北海道全域)
入学金:3万円
授業料:年間144,000円
松栄学園高等学校 埼玉県春日部市 埼玉県、東京都、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県 入学金:0円
授業料:8,000円/1単位
司学館高等学校 滋賀県東近江市 滋賀県、京都府 入学金:2万円
授業料:学習方法によって異なる
誠英高等学校 山口県防府市 山口県、島根県 入学金:3万円
授業料:8,000円/1単位

入学金、授業料は2018年10月時点のもので、変更になる場合があります。また、授業料の他に諸費用が必要になります。

狭域の通信制高校は入学できるエリアが限定されていますが、スクーリングなど通学には近いので便利です。

公立と私立の通信制高校では勉強のやり方や体制が違う

公立はサポートが少ない

先程も少し触れましたが、公立は入学時点で中学卒業程度の学力があるという見込みで授業を行うので、一度つまずいてしまうと人によってはついていくのが難しくなってしまいます。

また、登校日数も月に数回程度の所が多いので、先生に質問などをする機会も限られています。

費用が安いのは良いですが、これは少々厳しいですね。

私立はサポートが充実している

一方で私立は不登校の生徒や学習に苦手意識を持った生徒のため、中学1年生や場合によっては小学生レベルから再度勉強を教えてくれます。

前述した通り費用は高くなりますが、学力に不安があるならやはり私立の方が良いと言えるでしょう。

登校や学習環境の自由度も公立と私立で違う

公立は単位の取得が厳しい

公立は登校日こそ少ないものの、スクーリングや期末試験などの日程が学校で決められています。

そのため、決められた日にちゃんと登校して、しっかりと単位を取得する必要があります。

私立はライフスタイルに合わせられる

一方で私立は登校をしなくてもネットでレポートの提出ができたり、登校日を自分で調整できるなど自由度の高いところが多いです。

登校日も通常の週5登校だけでなく年に数回のみの登校で済む合宿でもOKだったりします。

病気や体質の関係で毎日の登校が厳しい人でも問題なく卒業することできるので、そう言って意味でも私立はメリットがあると言えるでしょう。

このような背景からか近年は私立の通信制高校が高い人気を集めており、その数を急激に増やしています。

精神面のサポートも私立と公立通信制高校で違う

公立はほぼサポートなし

公立高校は基本的に通常の教師しかおらず、カウンセラーなどによる精神面のサポートはゼロではありませんがほぼないと思いましょう。

私立はカウンセラーなどがいる

一方で私立はカウンセラーが決まった曜日に学校に来たり、提携学校を活用することで発達障害や学習障害を持った方でも、必要なサポートをしてくれる所が増えています。

いじめやストレスから不登校になるリスクを軽減できるほか、過去にそういった経験のある方は私立の方が安心でしょう。

公立と私立の通信制高校では学費(費用)も違う

一般的に公立と私立の通信制高校では、公立のほうが段違いで学費が安いです。

たとえば東京都立の通信制高校では卒業するまでに25,000円ほどの費用しかからない所もありますが、私立の通信制高校では年間だけで20万~80万もの費用がかかります。

これはサポート体制の手厚さの有無や学部などの選択肢の豊富さ、大学進学のしやすさなどが関係しており、一概にどちらが良いとは言えません。

人によっては公立でも全く問題ありませんし、反対に人によっては私立に行くことで人生の選択肢や可能性が大きく広がる人もいるでしょう。

そんな通信制高校の学費(費用)に関しては以下の記事に全てまとめていますので、気になる方は合わせてご覧下さい。

公立通信制高校と私立通信制高校の違いまとめ

通信制高校の学費だけを見ると「安ければ安いほど魅力的」と思ってしまいがちですが、学校選びは費用面だけでなく、さまざまな観点から比較検討することが大切です。

特に不登校や引きこもりといった心の悩みをかかえている学生の場合は、高いカウンセリング能力と人間力を兼ね備えた教師にサポートしてもらい、卒業するだけでなく生きる意欲を高めてもらうことも重要でしょう。

そしてもちろん、少しでも諸費用が抑えられたら、それはそれで助かります。どの通信制高校が学生自身にとって相性が良く、コスパ的にも優れているかというのは、何度も話を聞き見学をしながら慎重に検討しましょう。

通信制高校の費用については以下の記事でより詳しく紹介していますので、合わせてご覧になって下さい。

通信制高校の学費はどれくらい?入学金や授業料など費用を調べてみました

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計50,000件以上