通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

通信制高校のいちばんのデメリットは自己管理ができないと続かないということ

卒業するためには全日制よりも強い意志と向学心が必要になります。また、人と接する機会も少なくなってしまいます

資料請求数 累計
30,000件以上

※2016年実績

無料資料請求

通信制高校のデメリットを探る!入学前のチェックポイント

遠くを見つめる

通信制高校の大きなデメリットはこの2つ

通信制高校は学費が安い、自分のペースで学習できるなどいい点があります。一方でデメリットになる点もあります。大きなデメリットとしては次の2点が考えられます。

デメリット

  1. 自己管理が必要
  2. 仲間がいない

それぞれを詳しく見てみましょう。

自己管理が必要

全日制の高校ならとりあえず登校して授業を受ければ、よほどテストの成績が悪いなど問題がない限りは卒業できます。また、勉強も学校が時間割を組んでくれますし、先生が授業を進めてくれます。いわば「受け身の姿勢」でも3年間のカリキュラムを終えることができます。

やる気がないしかし、通信制高校は課題(レポートなど)を提出することと、数日の登校(スクーリング)に出席し、試験に合格することで卒業という形を取っています。一見楽なように見えますが、実はこれには厳しい自己管理が必要です。

例えば「この課題は今月中にやろう」と思っていても、つい後回しになりがちです。1日や2日なら休んでも構いませんが、人間は楽な方に流されてしまうものです。実際に通信制高校を選んだ人によると、卒業するまでに3年以上かかったというケースが多いのが現実です。

もちろん、これは人それぞれです。自分で自由に時間が使えるので、働きながら空いた時間に勉強して卒業することはできます。強い意志と目標を持ってのぞむことが大切だといえます。

仲間がいない

通信制高校は登校する日がほとんどありません。そのためにクラスメイトというものが存在しません。たったひとりで自宅で勉強を進めます。

全日制高校のように休み時間に友だちとワイワイおしゃべりしたり、放課後に部活動を楽しむということがありません。また、勉強を教え合うとか、将来の夢を語り合うという機会もないので、勉強でわからないところがあっても相談できる仲間がいないというのがデメリットになります。

しかし、勉強での疑問は通信制高校でもきちんとサポートしてくれます。勉強の進め方も教えてくれるので、その点は心配いらないでしょう。また最近はサポート校が増えています。そこで友だちを作ることができます。

大学を受験するには特に意志と仲間が必要

何かを学ぶという場合に、環境は大きな要素になります。

勉強特に大学を受験しようと思うならば、同じ目標を持つ人と席を並べることで刺激を受けられます。しかし、通信制高校ではそのような環境がないために、大学受験(大学合格)には不利なところがあります。

ただ、決して無理というわけではありません。現実に通信制高校を卒業して大学に合格している人もたくさんいるからです。その場合には自分で受験までのスケジュールを立てて、途中でくじけずに続ける強い意志が必要になります。

中には通信制高校で勉強しながら、大学受験のための塾や予備校に通う人もいます。全日制高校は受験科目ではない授業があるため無駄な時間が多いと感じる場合は、通信制高校と塾をうまく組み合わせて大学合格に焦点を絞るといいでしょう。

通信制のデメリットをメリットに変えよう

どんな物事にもプラスの面とマイナスの面があるものです。

通信制高校にもそれが言えます。ただ、デメリットだからダメというわけではありません。上記に書いたように人にとってはデメリットのことも、逆の見方をすればメリットになります。

なぜ通信制高校を選ぶのか、その結果どうしたいのかをよく考えてみましょう。

通信制高校に入学する前にしっかり考えよう

働きながら高校卒業したい(高卒という学歴がほしい)

この場合は何年かかっても自分のペースで取り組めば目標を達成できます。

お金がないが学費が安い通信制高校なら払える

この場合は他のデメリットがあることを理解した上で、学費を最優先にして通信制を選ぶといいでしょう。4年以内に卒業すれば高等学校等就学支援金制度が利用できます。

人とのコミュニケーションが苦手

勉強したいという意欲はあっても、友だちとの関係が苦手という人は通信制高校に入るメリットになります。勉強だけに集中できるのでおすすめです。

このように自分にとって通信制高校のどこがメリットになるか、もしデメリットになる点があったとしてもメリットの方が大きくてデメリットは乗り越えられると思えるなら通信制高校を選択されるといいでしょう。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計30,000件以上