通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

通信制高校と提携して生徒の学習や生活のサポートをしてくれるのがサポート校です。

資料請求数 累計
50,000件以上

※2018年実績

無料資料請求

通信制高校とサポート校の違いを知ろう!費用や学習内容をチェック!

サポート校

通信制高校を検討する人があちこちの学校の情報を調べていると「サポート校」という言葉を目にするかと思います。

このページでは、サポート校とは何なのか、通信制高校との違いや費用、学習内容などについて詳しくご説明します。

通信制高校とサポート校の意味

通信制高校とサポート校は似ていますが、実はまったく異なるものです。

通信制高校は高等学校と認められている

通信制高校は「学校教育法」で「高等学校」として認められているものです。全日制高校のように毎日通学する必要はなく、レポートの提出(添削指導)、試験、スクーリング(面接指導)をこなすことで高校卒業資格が取得できます。

サポート校は通信制高校の学習をサポートするところ

一方、サポート校とは通信制高校で学習する生徒が、3年~4年で卒業できるように単位修得の支援を行う民間の塾やスクールのことを指します。

通信制高校は学校教育法に基づいて制定されていますが、サポート校は法令などで定められているわけではありません。いわゆる「無認可」ですが、最近では専修学校や学校法人が運営しているケースも増えています。

通信制高校とサポート校の違い

通信制高校とサポート校の違いを整理してみましょう。

学校法で認められているかどうか

一番大きな違いは、「サポート校では高卒の資格が得られない」ということです。

上にも書いたように、サポート校は学校教育法で認められたものではありません。一般の学習塾や予備校と同じ位置づけです。塾や予備校で勉強しても、高卒や大卒の資格が得られないのと同じことです。

最近ではサポート校と提携する通信制高校が増えています。その場合は、通信制高校に入る際にサポート校入学も同時に行うという形を取っています。

運営母体が違う

通信制高校の運営母体は、公立の場合は都道府県ですし、私立の場合は学校法人や株式会社などが運営しています。一方、サポート校は学習塾や大手予備校、専門学校などの教育関連の法人や株式会社が運営しています。

学習内容が違う

通信制高校は、次の3つの学習を中心に進めます。

  • 報告課題(レポート)を提出する
  • スクーリングに出席する
  • 試験を受けて単位を取得する

レポートに合格し、必要時間のスクーリングに出席すると単位認定試験が受けられます。3年以上在籍し、その間に74単位以上を取得すれば「高校卒業」の資格が与えられます。

サポート校の学習内容

一方、サポート校は文部科学省の学習指導要領に準じた授業を行う必要がありません。そのため、学校内で独自のコースやカリキュラムを組むことができます。そして、それぞれのカリキュラムに沿って授業や実習を行い、生徒をサポートしていきます。

サポート校では、次のような目的に合わせたコースが設けられています。

  • 大学進学をしたい
  • 芸能界で働きたい(デビューしたい)
  • 将来はアートの分野で働きたい
  • パソコンのWebデザインを学びたい
  • 中学校から不登校で学校の勉強がわからない。基礎から学びたい

(コースはサポート校によって異なります。)
自分にぴったりのサポート校を探してみましょう。

サポート校は心のケアもしてくれる

相談通信制高校を選択する人の中には、中学や高校でいじめに遭ったとか、先生との関係が悪くなったなどの理由で学校に行けなくなったという人がいます。

また、体調や精神的な面で、朝起きて毎日学校に行くのが苦手(つらい)という人や、校則に縛られるのが苦痛という人もいます。サポート校では個々の悩みを理解して、心のケアをしてくれるところが多いようです。カウンセラーが常駐しているサポート校もあり、生徒だけでなく保護者も一緒に相談に乗ってもらえます。

また、サポート校には同じ境遇の人が多いため、お互いの気持ちを理解し合える本当の友だちができたというケースが多く見られます。その結果、人と接するのが怖くなくなったとか、積極的になったという体験談もよく聞かれます。

学費が違う

通信制高校の学費

公立は入学金も受講料も数百円と、かなり安くなっています。私立は学校によって異なりますが、1単位5000円~になります。

サポート校の学費

通学するペース(週に何回通学するか)によって金額が異なります。入学金込みで年間30万円~週5回通う場合は年間80万円など、幅があります。ただ、学費には通信制高校の費用も含まれるケースがあります。事前によく調べてみましょう。

サポート校で学べば塾や専門学校の費用が浮く!

サポート校では大学受験のためのコースやさまざまな資格取得のコースなどがあります。
通信制高校の学費以外にサポート校の費用がかかりますが、学習塾や資格取得の講座、専門学校と比較すると学費が安く抑えられます。

高校卒業と同時に社会で役立つ資格や技術が身につくという点もサポート校の特徴です。  

通信制高校のサポート校の多彩なコース内容

最近の通信制高校は、ただ単位を取得して高校を卒業するだけというものばかりではありません。特に私立の通信制高校はさまざまなサポート校を連携して多彩なコースを準備しています。

そのいくつかをご紹介します。

通信制高校+サポート校で進路が広がる

私立の通信制高校と連携しているサポート校では、次のようなコースを設けています。

  • 美容師コース
  • Webデザイン・ITコース
  • 英語習得コース
  • 会計士・税理士コース
  • 整体師コース
  • 調理師コース
  • 音楽コース
  • スポーツコース

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

美容師コース

美容師になるには厚生労働大臣が認可した美容師養成学校を卒業し、美容師の国家試験に合格する必要があります。

全日制高校に通っている場合は、卒業後に美容師養成学校を卒業して国家試験を受験することになります。

しかし、通信制高校で高卒資格を取得しながら、厚生労働大臣の認可を受けた美容師養成学校のサポート校で学ぶことで最短で美容師の資格を取得できます。

Webデザイン・ITコース

AI(人工知能)が発達し、あらゆる場面でITの技術が求められる時代になりました。しかも、技術は日に日に進化するため古い知識だけでは太刀打ちできません。

これからはますますITの技術や知識のニーズが高まります。そこでサポート校ではITに関するコースを設けているところがあります。Webデザインからプログラミング、ロボットまで幅広い分野を扱っています。

英語習得コース

ビジネスで海外に出る人や、海外から日本に観光やビジネスで訪問する人が増えています。今後、英語(英会話)はますます必要となっていきます。

そこでサポート校では、英語学習に力を入れているところがあります。英検やTOEICなど一人ひとりの目標に合わせて学習ができます。

また、通信制高校の中には海外に提携校があり、留学できるところもあります。

会計士・税理士コース

公認会計士の資格試験は、年齢や学歴は問われません。誰でも受験することができます。そのため、通信制高校と提携しているサポート校の中には公認会計士の資格取得を目指すコースを設けているところがあります。

また、税理士試験の受験資格は大学・短大・高等専門学校を卒業し、法律学及び経済学に属する科目を一科目以上取得した人という条件がありますが、平成18年度以降は公認会計士試験の短答試験合格者であれば税理士試験を受験できます。

どちらも難関資格ですが、将来性があり、年収も高い職業です。通信制高校で高卒資格を取得しながら、同時に公認会計士試験を受験して資格を取得することも可能です。

エステ・整体師コース

美や健康は人生のテーマと言ってもいいほど、年齢を問わず需要があります。そのため、エステティシャンや整体師などの資格を取得すると、就職に有利な他、独立開業することも可能です。

一生使える資格を取得できるコースで人気があります。

調理師コース

調理師になるには「厚生労働大臣が認可した調理師養成施設を卒業すること」または「調理師試験」に合格する必要があります。なお、調理師試験を受験するには飲食店や給食施設、魚介類販売業などで2年以上の実務経験が必要です。

飲食店を開業したり、勤務したりするのに調理師の資格は必ずしも必要ではありませんが、資格を持っていると就職に有利です。

通信制高校の中には、調理師学校と提携しているところがあります。

調理師の他にパティシエやパン職人などのコースもあります。食に関する資格は需要が高く、就職に困ることはありません。高校卒業資格と同時に調理師資格を持っていると、就職に有利ですよ。

音楽・芸術コース

音楽と言っても、さまざまなコースがあります。

  • 作詞・作曲
  • ミュージカル
  • 声優
  • アイドル・タレント
  • モデル
  • ヴォーカル

提携校によっては大手芸能プロダクションと連携していて、オーディションの挑戦やプロデビューのサポートなどを行っているところもあります。

また、マナーなど社会人として生きていく上で大切なことも教えてもらえます。

その他

他にもスポーツ選手を目指すコースやペット関連(トリマーやトレーナーなど)、アニメ、イラストなど多くのサポート校があり、高校卒業資格取得だけでなく将来の進路に合った学習ができます。

通信制高校サポート校のメリット・デメリット

では、最後に通信制高校サポート校のメリットとデメリットについてまとめておきます。

サポート校のメリット

通信制高校だけでも単位を修得すれば高卒の資格は得られます。しかし、サポート校で学ぶことは、次のようなメリットがあります。

  • 高校卒業と同時に他の資格も取得できる  
  • 高校を卒業したらすぐに社会に役立つ技術が身につく 
  • 就職のサポートがあるので就活に有利  
  • 同じ目標を持つ仲間と頑張れる  
  • 全日制高校の部活動にはない多彩なコースがある  

また、これら以外にも通信制高校での授業のフォローや進路相談、大学進学のサポートや心のケアなども行っています。

サポート校で学ぶメリット

通信制高校で学ぶだけでなくサポート校をプラスすることで、さまざまな資格が取得できたり、仲間ができたりするというメリットがあります。

また、心のケアや進路相談などのサポートもあるので、自宅学習が基本の通信制高校で学ぶ人にとって心強く感じられます。

サポート校のデメリット

一方、サポート校には次のようなデメリットがあります。

  • 通信制高校の授業料とは別にサポート校の授業料が必要になる  
  • 通学のための交通費がかかる  
  • サポート校は通信教育ではなく通学が多いため、アルバイトの時間が取れないことがある  
  • 入学時に進路をよく考えて決めないと、途中での進路変更が難しい 

英語など特定の職業に限定されないコースなら問題はないのですが、美容師や調理師など特定の職業に就くことを前提にしてコース(サポート校)選びをすると、途中で「やっぱり違う分野を学びたい」となったときにそれまでの学習が十分に活かせません。授業料も納めるので、ムダのないように入学時に自分の進みたい方向性をよく考えるようにしましょう。

サポート校選びは資料請求や学校説明会で確認すること

通信制高校によって提携しているサポート校はさまざまです。通信制高校の授業をサポートするという意味合いのところから、資格取得や技術の習得を目指すなど、その目的はサポート校によって異なります。

通信制高校を選ぶ際は、サポート校についてもよく調べてみましょう。資料請求や学校説明会で内容をよく確認することが大切です。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計50,000件以上