通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

東京自由学院についての基本情報

資料請求数 累計
50,000件以上

※2018年実績

無料資料請求

東京自由学院

  • 学費(目安)

    980,000円~/年間

  • 特徴

    • 大学進学に強い
    • 音楽
    • 芸能
東京自由学院
東京自由学院は1996年に開校した、日本で初めての音楽専門の通信制サポート校です。ヴォーカルやギター、ドラムなどを学びながらミュージシャンを目指しながらも、高卒資格も取得出来るのが特徴の学校です。学長はシンガーソングライターの諸岡ケンジ氏が務めるほか、講師には現役のプロミュージシャンが揃っており、レベルの高いレッスンを受けられます。
通信制サポート校には様々な特徴を持った学校がありますが、東京自由学院のように高いレベルでミュージシャンを要請する学校は少ないでしょう。将来音楽に関する仕事を目指している方にとっては、おすすめの学校と言えるでしょう。

ミュージシャンを目指して音楽活動を続けている方は多くいますが、独学で学んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

他の業種と違って音楽の世界は自由なので、色々な方が独自の方法でプロを目指しています。

実力さえあれば活躍出来る世界なので正解はありませんが、若いうちにしっかりと基礎を学ぶことはとても重要で、国内でしっかりと音楽の基礎を学べる数少ない学校の一つが東京自由学院です。

東京自由学院の学費(費用)

東京自由学院への進学を検討している方(もしくは保護者)にとって、まず気になるのが学費でしょう。

ここでは東京自由学院のコース毎の学費を紹介していきます。

音楽+高卒資格コース

東京自由学院にはいくつかのコースがありますが、まずは音楽+高卒資格コースから紹介していきます。

このコースは様々な音楽に関するレッスンを受けながら、通信制高校に通って高卒資格の取得も目指すという東京自由学院らしいと言えるコースでしょう。

登校は全日制と同じように週5日が基本で、午前中に高校の学習を行い、午後に音楽のレッスンを行います。音楽+高卒資格コースの学費は下記の通りです。

費用項目 費用
入学金(初年度のみ) 150,000円
授業料(※) 700,000円~
施設費 70,000円~
教材費 60,000円~
合計 980,000円~

※授業料はコースによって違いがありますが、東京音楽自由学院では公表しておりませんので、詳しくは資料請求で確認して下さい。

東京自由学院はサポート校なので高卒資格を取得するために、同時に通信制高校にも通う必要があるので、上記だけでなく通信制高校の学費が必要になります。

提携先の学費

提携している通信制高校の一つである、第一薬科大学付属高等学校の学費は下記になります。

費用項目 費用
入学金(初年度のみ) 10,000円
授業料(25単位の場合) 180,000円(1単位×7,200円)
設備費 35,000円
諸経費 12,000円
合計 237,000円

第一薬科大学付属高等学校の学費の内、授業料については国の奨学金の対象になります。

奨学金の金額は保護者の世帯年収によって決まり、約590万円未満の場合は1単位当たり7,200円(実質無償)、590~910万円未満の場合は1単位あたり4,812円の支給を受ける事が出来ます。

また東京自由学院には第一薬科付属高等学校以外にも、代々木高等学校とも提携しています。どちらの通信制高校を選ぶかは任意で選択出来るので、希望に合わせて通うと良いでしょう。

普通科コース

続いては音楽でリフレッシュしながら、通信制高校の卒業を目指す普通科コースです。

このコースでは高校の学習サポートに力を入れており、音楽や芸能のレッスンは行われません。

しかし東京自由学院のスタジオの利用が出来るので、勉強の合間に音楽に触れる事でリフレッシュ出来ます。

普通科コースの学費は先ほど紹介した音楽+高卒資格コースと同じ水準ですが、東京自由学院はコース毎の学費詳細を公表していません。

そのため詳細な学費を確認する際には、学校に直接問い合わせるか資料請求を行うようにして下さい。

音楽専門コース

音楽専門コースは既に高校を卒業した方を対象にした、音楽のレッスンに特化したコースになります。

プロ講師による本格的なレッスンだけでなく、レコーディングやライブなどの実習を行いながら、スキルアップを目指します。

各種オーディションへの紹介や対策、ライブ出演などを通じて在学中のデビューをサポートしてくれるのが大きな特徴でしょう。

学費の詳細についてはこちらのコースも公表されていませんので、詳細は直接学校に問い合わせをするか資料請求を行ってください。

しかし音楽専門コースでは高卒資格は取得している方が対象になるので、通信制高校の費用は不要です。

東京自由学院の特徴・メリット

学費の次は、東京自由学院の特徴やメリットについて、紹介していきます。

東京自由学院は音楽を専門にした珍しいサポート校なので、他の学校にはないようなメリットが多数あります。

入学を検討している方は、ここで紹介しているメリットをぜひ参考にして下さい。

現役プロ講師のレッスンが受けられる

東京自由学院の大きな特徴の一つが、現役のプロアーティストのレッスンが受けられる点でしょう。

学院長の諸岡ケンジ氏を始め、東京自由学院には第一線で活躍するプロが講師として揃っています。

例えばヴォーカル科では王道坊主のヴォーカル中村義人氏や、ミュージカルやCMソングで活躍する藤名美穂氏など、有名なアーティストが在籍しています。

他にもギター科・ベース科・ドラム科などがありますが、各分野で活躍しているプロが講師となってくれるので、レベルの高い授業が受けられるでしょう。

将来音楽の世界で生きていく事を目指している方にとって、高校生という早い段階でプロのレベルを体感出来ることは大きな経験になります。

このように講師陣に現役のプロが揃っている事が、東京自由学院のメリットです。

スタジオでのレコーディングやライブが経験出来る

東京自由学院では授業の一環でスタジオでのレコーディングや、ライブなどが経験出来る事も特徴です。

スタジオでのレコーディングはいつも以上に正確にリズムや音程を保つ必要があるので、独特の雰囲気と緊張感があるでしょう。

このような訓練を重ねることで、CD制作や各種オーディションへの資料作成へと繋げていきます。

また東京自由学院では、イベントなどでのライブを経験する事も出来ます。

大きなステージの上で緊張感のある中で、これまで練習してきた成果を存分に発揮する訓練にもなるので、将来プロを目指す方にとっては貴重な経験になるでしょう。

スタジオでのレコーディングやライブなど、自分一人では実現出来ないような貴重な訓練が出来るのが東京自由学院の特徴です。

このような授業の詳細については、後ほど詳しく解説しているのでぜひ参考にして下さい。

副科システムで複数のパートが学べる

東京自由学院のメリットの一つに、独自の副科システムで複数のパートが学べる事があります。

副科システムとは、自分の専攻している科とは別に他の科のレッスンも受ける事が可能なシステムです。

これによって複数のパートが学べるので、様々なジャンルで活躍の幅が広がるでしょう。

専攻できる科も多彩で、具体的には下記のような選考科目があります。

  • ヴォーカル科
  • ギター科
  • ベース科
  • ドラム科
  • キーボード科
  • 声優科
  • DTM科

それぞれの科でプロ講師がトップクラスのレッスンを行ってくれます。

例えばヴォーカル科では、ロック・ポップ・ジャズ・フュージョンなど各分野をしっかりと教えてくれ、声を声帯だけでなく体全体で響かせるように指導を行ってくれます。

このように東京自由学院では、複数のパートをプロ講師から学べるので音楽の幅を広げられる事も特徴でしょう。

無料体験プログラムが受けられる

東京自由学院では入学を検討している方に、無料体験プログラムを行っている点も特徴です。

学校説明会やオープンキャンパスなどは多くの学校でも行っていますが、無料体験出来る学校はそう多くはありません。

無料体験とは言え東京自由学院のプロ講師が50分間しっかりとレッスンをしてくれるので、それだけでも十分に価値があるでしょう。

無料体験は好きなパートを選んで申し込みが可能で、楽器も貸してもらえます。

また無料体験の他にも、学校見学や個別相談会も随時行っているので、入学する前にしっかりと検討する事が出来るでしょう。

東京自由学院のスクーリング情報

東京自由学院で高卒資格を取得するためには、同時に通う通信制高校を卒業する必要があります。

通信制高校はレポート学習が基本ですが、年間数日は学校に登校する必要のあるスクーリングを受けなければ卒業する事は出来ません。

東京自由学院の提携校の一つである第一薬科大学付属高等学校では、前期9日・後期9日のスクーリングが必要になります。

登校する場所は東京の場合は渋谷にあるキャンパスで、先生との対面による授業が行われます。

普段の学習で分からない事や疑問に思っている事など、質問するには良いチャンスなので学習に役立つ機会になるでしょう。

東京自由学院の授業内容

東京自由学院はここまで説明してきたように、他の学校にはないような特徴のある学校です。

音楽での成功を目指している方にとってはとても魅力のある学校ですが、実際の授業内容が気になる方も多いでしょう。

ここでは東京自由学院の授業内容について、紹介していきます。

バンドアンサンブル

バンドメンバーが集まって演奏を行うアンサンブルでは、生徒だけでなく講師自らも演奏に参加します。

講師も演奏に参加する事で、メンバー一人一人をサポートしながらも技術を向上させる指導を行ってくれます。

また生徒側にとってもプロの講師と一緒に演奏する事は、貴重な経験となるでしょう。

アンサンブルは各パート全員が集まって行うので、友人や先輩後輩とのコミュニケーションの場でもあります。

たくさんの人たちと演奏を繰り返す事で、気の合うメンバーや音楽の方向性の合う仲間を見つける事が出来るでしょう。

メンバーとバンドを組んで新しい曲にチャレンジしてみたり、ライブに参加する事も出来ます。

ライブ実習

メリットでも紹介したように、東京自由学院ではライブに参加出来る授業もあります。

年間8回以上にもなるホールやライブハウスでのライブのほか、アンサンブルクラスでの課題曲を発表する、全員参加のアンサンブルライブも年間3回もあるなど、ライブにチャレンジする機会が豊富にあります。

専攻授業

専攻授業では自分の選択した科目(ヴォーカル、キーボード、ギター、ドラム、ベース、声優、DTM)に分かれて授業を行います。

音楽といっても選択肢はとても幅広いので、将来目指したいジャンルを選んで集中的に学べる事も東京自由額の特徴と言えるでしょう。

レコーディング実習

こちらもメリットで紹介しましたが、東京自由学院では授業でスタジオを使ってのレコーディングを経験する事が出来ます。

ライブやアンサンブルは学校に通わなくても個人レベルで行う事も出来ますが、レコーディングとなると簡単には行えないでしょう。

将来デビューをすればどんなパートであってもレコーディングを行う機会は多いので、若いうちから経験出来る事は大きな財産になるでしょう。

副科パートレッスン

東京自由学院の特徴の一つが、メリットでも紹介した副科システムです。

音楽の世界でプロを目指すには、ヴォーカルだけでなくギターやベースなど、幅広な技術を持っている方が活躍しやすいと言えるでしょう。

バンドとしてデビューをしたものの、どこかのタイミングでソロになる可能性もあるので、多くのパートを学んでおくことは決して損にはなりません。

音楽理論

音楽の楽しさを伝えるためには、理論的な思考も時には必要です。東京自由学院では実務的なレッスンだけでなく、音楽理論の授業も行っています。

普段使っている譜面を使って、一見難しく感じる音楽理論を体に落とし込む事で、多くの方に共感を伝える事も可能になるでしょう。

音楽理論と普段のレッスンをリンクさせる事で、一段高いレベルへとステップアップ出来ます。

東京自由学院の偏差値

高校受験の際には偏差値を基準にして学校を選ぶ方も多いと思いますが、東京自由学院には偏差値はありません。

偏差値は試験の結果を数値化したものですが、そもそも東京自由学院の入試には学力テストが無いので、偏差値が存在しない事になります。

そのため入学の合否を学力で判断される事はないので、勉強があまり得意ではない方であっても十分に合格する可能性があります。

東京自由学院を目指す方は、偏差値を気にする必要はないでしょう。

東京自由学院の進学実績

東京自由学院の卒業生は音楽へのデビューだけではなく、卒業後の進路として大学進学を選ぶ生徒も多いです。

東京自由学院では音楽に関するレッスンだけでなく、進学のサポートにも力を入れているので下記のように豊富な進学実勢があります。

  • 国立音楽大学
  • 武蔵野音楽大学
  • 昭和音楽大学
  • 洗足学園音楽大学
  • 尚美学園大学
  • 桜美林大学
  • 早稲田大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 東洋大学
  • 専修大学
  • 明治学院大学
  • 大東文化大学

このようにミュージシャンとしてデビューを目指すだけでなく、大学進学を目指せる事も東京自由学院の特徴と言えるでしょう。

東京自由学院の入試内容

先ほども紹介したように東京自由学院の入試では学力テストは行われず、面接と作文・適正検査のみで行われます。

面接や作文というと構えてしまう方も多いですが、学力などを問う訳ではなく、生徒の考え方や将来の希望などを知る事が目的です。

全日制の高校受験とは内容が大きく違うので、とにかく正直に自分の考えを伝える事を心がけると良いでしょう。

東京自由学院を卒業している有名人

東京自由学院はアーティストを養成する学校なので、多くの卒業生は有名人として活躍しています。

人気ミュージカル「テニスの王子様」の出演や、「遊戯王デュエルモンスターズGX」の主役の声優を務めるKENNさんや、CM出演やAKB48の楽器指導を行っている事で有名なTOMO-ZOさんなどがいます。

他にも活躍している有名アーティストは多く、下記のような方がいます。

  • 鳥羽一郎さんの長男、木村竜蔵さん
  • 「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール」のエンディングを歌う、歌菜子さん
  • 元凸凹凸凹 –ルリロリ-のドラマー、渚奈子さん
  • ギタリストの渡辺裕太さん
  • 5人組ロックバンド「ザ・マスミサイル」のギタリスト、前川慎吾さん
  • スーパードラマー、田浦楽さん
  • エクストリームメタルバンド「NOCTURNAL BLOODLUST」の、Gt:Cazquiさん、Ba:Masaさん、Dr:Natsuさん
  • 女優、中村朝佳さん

このように多くの先輩が音楽会や芸能界で活躍している事も、東京自由学院の特徴の一つです。

東京自由学院の基本情報

募集要項 【募集要項】
■募集対象
 新入学:中学校を卒業見込みの方、中学校を卒業された方
 転入学:高等学校在籍の方
 編入学:高等学校を退学された方
■入学時期
 新入学:4月、10月
 転入学:随時受付け
 編入学:随時受付け
学費 ■東京自由学院の学費
入学金(初年度のみ):150,000円
授業料(※) :700,000円~
施設費 :70,000円~
教材費 :60,000円~
合計 :980,000円~
※授業料はコースによって違いがありますが、東京音楽自由学院では公表しておりませんので、詳しくは資料請求で確認して下さい。
■第一薬科大学付属高等学校の学費
入学金(初年度のみ) :10,000円
授業料(25単位の場合):180,000円(1単位×7,200円)
設備費 :35,000円
諸経費 :12,000円
合計 :237,000円
保護者の世帯年収によって、約590万円未満の場合は1単位当たり7,200円(実質無償)、590~910万円未満の場合は1単位あたり4,812円の支給あり。