通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

滋慶学園高等学校(新大阪)についての基本情報

資料請求数 累計
50,000件以上

※2018年実績

無料資料請求

滋慶学園高等学校(新大阪)

  • 学費(目安)

    650,000円(通学コース週5日の場合)/年間

  • 特徴

滋慶学園高等学校(新大阪)

滋慶学園高等学校(新大阪)

滋慶学園高等学校は全国に80もの専門学校で500以上もの職種を学べる学校を運営している滋慶学園グループが、平成30年に開校した新しい学校です。グループの総合力を活かした提携校の多さが魅力で、医療や福祉、プログラミングやITなど様々なスキルを学べるのが魅力です。
滋慶学園高等学校通学コースでは通学日数を週1~5日と選ぶだけでなく、大学進学を目指す特別進学コースやスポーツの分野でプロフェッショナルを目指すスポーツコースがあるなど、多彩なコースの中から自分にあった学び方を選べるのが特徴です。

滋慶学園高等学校(新大阪)

滋慶学園高等学校(新大阪)の学費(費用)

今回の記事では滋慶学園高等学校の特徴やメリットを紹介していきますが、まずは学費から見ていきましょう。滋慶学園高等学校には通学コースと通信コースがあり、それぞれ学費が違います。

通学コースの学費

滋慶学園高等学校の通学コースには通学日数や、進学・スポーツコースなど複数のコースがあり、それぞれ学費は下記のように違います。

項目 金額(通学1日コース) 金額(通学3日コース)
入学金 100,000円 100,000円
授業料 300,000円 300,000円
補習費 80,000円 190,000円
選考別費用 -円 -円
年間合計 480,000円 590,000円
項目 金額(通学5日コース) 金額(特別進学コース)
入学金 100,000円 100,000円
授業料 300,000円 300,000円
補習費 250,000円 190,000円
選考別費用 -円 300,000円
年間合計 650,000円 950,000円
項目 金額(総合進学コース) 金額(総合スポーツコース)
入学金 100,000円 100,000円
授業料 300,000円 300,000円
補習費 80,000円 190,000円
選考別費用 150,000円 180,000円
年間合計 800,000円 830,000円

通学コースは1週間の内に何人通学するかでコースが違い、通学する日数が多いほど学費も高くなっています。他にも大学進学を目指す特別進学コースや、勉強だけでなくスキルを身に付けながら学ぶ総合進学コース、スポーツ分野に特化した総合スポーツコースがあり、それぞれ学費が違います。

上記の学費のほか、2年間以降は施設設備費が100,000円必要になります。また上記には、制服代や教科書代などの諸費用は含まれていないので注意しましょう。

通信コースの学費

通学コースと違って通信コースは一つしかなく、下記のような学費となっています。

項目 金額(通信コース)
入学金 100,000円
授業料 300,000円
補習費 -円
選考別費用 -円
年間合計 400,000円

また滋慶学園高等学校の授業料は、国が学費の一部を負担する「就学支援金制度」の対象になります。学校に通う保護者の世帯年収によっては、下記のように就学支援金を受け取る事が出きます。

世帯年収 就学支援金支給額 授業料自己負担額
590万円未満 300,000円 0円
590万円~910万円 120,300円 129,700円
910万円以上 0円 300,000円~310,000円

滋慶学園高等学校(新大阪)の特徴・メリット

学費の次は滋慶学園高等学校の特徴やメリットを紹介していきます。学校を選ぶ際に重要なポイントなので、必ず確認しておきましょう。

複数のキャンパスがあるので、広範囲に対応している

滋慶学園高等学校を運営している滋慶学園グループは全国に多数の専門学校を運営しているなど、全国展開をしている大手総合学校法人です。

その総合力を活かした教育体制が強みの一つで例えば通学コースであれば、岡山の美作本校だけでなく大阪や東京・福岡にもキャンパスもあるなど、どのようなエリアであっても通いやすいのも特徴と言えるでしょう。

更に通信制であれば通学する事なく勉強が出来るので、全国どこからでも入学する事が出来ます。

多彩なコースで自分に合った学び方が出来る

滋慶学園高等学校では、自分に合った多彩なコースを選んで学べる事も特徴です。ベーシックな基礎力を身に付けられる通学コースでは、通学の頻度を週1回、3回、5回から選ぶ事も出来るので自分のペースで通えます。

他にも大学入学も目指せる特別進学コースや、スポーツのプロフェッショナルを目指せるスポーツコース、様々なスキルが身に付けられる総合進学コースなどがあります。

このようなたくさんのコースの中から、自分に合ったコースを選べるもメリットと言えるでしょう。

専門スキルが身に付けられる

勉強を学べる事がもちろん、将来役立つ様々な専門スキルを身に付けられるのも滋慶学園高等学校の特徴です。冒頭でも紹介したように滋慶学園グループは、全国で様々な専門学校の運営をしています。

そのため滋慶学園高等学校ではグループ内の姉妹校の授業を受けることが出来るようになっており、専門的な知識を身に付ける事が出来るでしょう。

学べる分野も実に多く、看護や医療・福祉のほかにも、バイオやロボット、プログラミングやスポーツなどたくさんです。

そのため将来は手に職を付けて働きたいと思っている方にとってもおすすめの学校で、実際に進学先には専門学校へと進む方も多いです。

このようにグループの総合力を活かして、多彩なスキルを学べるのも特徴と言えるでしょう。

カウンセラーやICT教育できめ細かいサポートが受けられる

学校に通学をするとなると、人間関係や勉強についていけるかなど不安を感じる方も多いでしょう。

滋慶学園高等学校ではそんな方でも安心して通えるように、スクールカウンセラーが在籍しています。

またクラスも少人数制となっているので、担任の先生が決めこまかく指導してくれるのも特徴です。

また通信制の場合でもICT教育を導入しているので、スマホやタブレットで自由に動画が視聴出来たり、書籍が読めたりと、一人一人の能力に合わせた学習が可能なのも特徴でしょう。

このように滋慶学園高等学校では、通学でも通信でも決めこまかく学校生活や勉強をサポートしてくれます。

滋慶学園高等学校(新大阪)の偏差値

メリットや特徴の次に気になるが偏差値ですが、滋慶学園高等学校には偏差値がありません。

これは滋慶学園高等学校が入試の際に学力試験を行わないためで、実際の入試では作文や面接などを行います。

滋慶学園高等学校のような通信制の高校は学力で判断しないので、偏差値が無い場合も多いです。

滋慶学園高等学校(新大阪)の進学実績

滋慶学園高等学校には進学を目指すコースや、専門スキルを身に付けるコースなど多彩なので、進学先も多岐に亘ります。過去の卒業生の進学実績を見ていきましょう。

大学

滋慶学園高等学校では大学への進学実績も豊富にあるのが特徴です。

  • 川崎医療福祉大学
  • 滋慶医療科学大学
  • 広島経済大学
  • 京都芸術大学
  • 神戸学院大が
  • 東京家政大学

上記はほんの一部ですが経済大学から芸術、医療福祉など幅広い大学への進学実績があります。

また滋慶学園グループには医療科学大学があり、そちらへの進学実績があるのも特徴と言えるでしょう。

短期大学

4年生大学だけではなく、短期大学への進学実績も下記のように豊富です。

  • 比治山短期大学
  • 東京家政大学短期大学部
  • 大阪音楽大学短期大学部
  • 広島文化学園短期大学部

専門学校等

続いて専門学校への進学実績を紹介します。

  • 大阪ハイテクノロジー専門学校
  • 大阪ECO動物海洋専門学校
  • 東京医薬専門学校
  • 神戸製菓専門学校
  • 美作市スポーツ医療看護専門学校
  • 大阪保健福祉専門学校
  • 福岡ベルエポック美容専門学校
  • 福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校
  • 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校
  • 東京モード学園

多彩なスキルを学習出来るのが特徴なだけあって、上記のように実にたくさんの専門学校への進学実績があります。

上記はほんの一部で、毎年全国各地の様々な専門学校へと進学しています。

滋慶学園高等学校(新大阪)の入試内容

先程滋慶学園高等学校には学力試験はないと説明しましたが、実際の入試の際にはどのような試験内容になるでしょうか。

この学校への入学を目指している方あれば、一番気になるところでしょう。

通学コースの入試内容

滋慶学園高等学校にはコースがいくつかあり、コースによって入試の内容も変わります。

学校に通う通学コースの場合の入試の内容は、基礎学力テストと作文・面接となっています。

基礎学力テストは中学校で習った内容の英語・数学・国語の問題から総合的に出題されますが、そこまで難しい内容ではありません。

作文の内容も「学校の志望動機と高校生活で頑張りたいこと」がテーマなので、あまり難しく考えず自分の言葉で書くと良いでしょう。

また滋慶学園高等学校には特別進学コースがあり、このコースのみ入試の際には学力テストが実施されます。

ただし偏差値は公開されていないので、やはり基本的な学力が大事になるでしょう。

通信コースの入試内容

通信コースの場合の入試内容は、面接と作文のみとなっており基礎学力テストは実施されません。

作文の内容は通学コースと同様に「学校の志望動機と高校生活で頑張りたいこと」がテーマとなっています。

通学コースで説明したようにあまり難しく考えず、自分が感じている事を素直に書くのが良いでしょう。

滋慶学園高等学校(新大阪)

滋慶学園高等学校(新大阪)の基本情報

募集要項 ■募集対象(通学コース)
・中学校もしくはこれに準ずる学校を卒業した者、
・または3月に中学校卒業見込み者。
・中学校卒業と同等以上の能力があると文部科学大臣が認めた者。
■入学時期
 新入学:4月
 転入学:随時受付け
 編入学:随時受付け
■募集対象(通信コース)
中学校もしくはこれに準ずる学校を卒業した者、または3月に中学校卒業見込みの者。
中学校卒業と同等以上の能力があると文部科学大臣が認めた者。
学費 通学コース(週5日の場合)
■入学金:100,000円 
■授業料:300,000円
■補習費:250,000円
■施設費:100,000円(2年目以降)
■制服代:132,000円程度
■積立金:毎月20,000円
(教材費、旅行費用、資格取得時の検定料などに充当)
■総額:802,000円
通信コース
■入学金:100,000円 
■授業料:300,000円
■合計:400,000円
※教科書代などの諸費用は含んでいません。コースによって学費は違うので、詳細は本文を参照して下さい。
■なお、通信制高校には、国が高校の学費の一部を負担する「就学支援金制度」があります。
世帯年収が590万円未満の家庭は1単位あたり最大12,030円(それ以下の場合は相当金額)、
590万円~910万円未満の世帯は1単位あたり最大4,812円が支給されます。

滋慶学園高等学校(新大阪)

滋慶学園高等学校(新大阪)