通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

「渡辺高等学院」の評判や学費について調査

資料請求数 累計
50,000件以上

※2018年実績

無料資料請求

渡辺高等学院

  • 学費(目安)

    750,000円/年間

  • 特徴

渡辺高等学院
「渡辺高等学院」は芸能界で50年以上の実績を持つ芸能プロダクション「ワタナベエンターテインメント」が運営する通信制高校サポート校です。通信制高校として実績の高い「第一学院高等学校」と提携することで、芸能レッスンを受けながら高校卒業資格が取得できるユニークな学院が誕生しました。

渡辺高等学院の特徴・メリット

大手芸能プロのワタナベエンターテイメントが運営

渡辺高等学院は芸能プロダクションであるワタナベエンターテイメントが運営するサポート校です。

ワタナベエンターテイメントは、ワタナベエディケーショングループを運営しており、渡辺高等学院のほかにワタナベエンターテイメントカレッジやワタナベエンターテイメントスクール、ワタナベダンスアカデミーなどの系列校があります。

渡辺高等学院では主に芸能に関するレッスンを受けます。芸能界デビューを目指す人はもちろんですが、内気な性格を変えたいとか、もっと自分らしく生きたいといった目的で入る人も多くいます。

さまざまなレッスンを通して自分が本当にやりたいことを見つけています。

活躍の場はテレビだけでなく、映画、舞台、ラジオ、アニメ、海外など幅広くあります。

第一学院高等学校とのダブルスクールで高校卒業をめざす

高等学院はサポート校なので、通信制高校の「第一高等学校」とのダブルスクールとして高校卒業を目指します。

教科の勉強は第一学院高等学校の先生が授業やサポートを行うので、わからないことがあったら質問して理解を深めましょう。

もちろん生徒一人ひとりの理解に応じて指導があるので、「ついていけないのでは?」といった心配はありません。

スクーリングは第一学院高等学校の高萩本校で行われます。さまざまな体験学習があるので、楽しみにしている生徒がたくさんいます。

デビューオーディションで芸能界デビューに近づく

渡辺高等学院では、ワタナベエンターテイメントをはじめ、のべ1,000社以上の事務所を招いて「デビューオーディション」を年に3回開催しています。

招かれる事務所は芸能事務所だけでなく、モデルエージェンシー、レコード会社など多岐にわたり、オーディションに参加した生徒は一度に10社以上の事務所からオファーを受けることもあるほどで、業界でも「いい新人を発掘できる」と期待されているオーディションです。

デビューオーディションに参加するには、渡辺高等学院の学生であることのほかに、「レッスンに95%以上出席すること」や「審査会に出席して審査会基準をクリアすること」といった条件があります。

この学内の審査に合格すると、事務所に提出する書類審査が免除されるという特典もあります。

渡辺高等学院では、生徒一人ひとりの個性や才能に合ったプレゼンテーションを一緒に考えてくれるので、デビューがより近くなります。

週3~5日の芸能レッスン

渡辺高等学院の大きな特徴は、芸能レッスンを週3日~5日間受けられるという点です。

1限目から3限目までは高校卒業に必要な科目の授業やレポート作成を行い、4限目~5限目はそれぞれのコースのレッスンを受けます。

全日制高校は1限目から6限目までびっしり授業がありますが、渡辺高等学院では科目の授業とレッスンをバランスよく受けることができます。

渡辺高等学院の主なコース

渡辺高等学院には、エンタメレッスンが週5日ある「総合コース」と、週3日の「セレクトコース」があり、それぞれに受けられるレッスンや内容が異なります。

週5日制の総合コース

平日の月曜~金曜日まで通学して、1限目~3限目は科目ごとの授業やレポート作成を行い、4限目、5限目に下記のようなエンタメレッスンを受けます。

コースの種類 内容 めざせるジャンル
エンターテイメント総合コース ・ダンスレッスン
・歌唱レッスン
・ワーキングレッスン
・演技表現基礎
など
俳優・女優・モデル・声優・アイドル・タレント
ヴォーカリスト総合コース ・音楽基礎
・DTM(パソコンを使って楽曲を制作)
・ダンスレッスン
・ライブステージ
ヴォーカリスト・シンガーソングライター・声優アーティストなど

週3日制のセレクトコース

エンタメレッスンは週3日ですが、高校の授業は週5日あります。

コースの種類 内容 めざせるジャンル
アクターズコース ・演技表現基礎
・発声・滑舌トレーニング
・ステージアクト
俳優・女優
ヴォーカル&ダンスコース ・歌唱トレーニング
・ダンスレッスン
ヴォーカリスト

どのコースもレッスンがプロが指導を行い、デビューをめざす本格的な内容になっています。

渡辺高等学院の偏差値

渡辺高等学院に偏差値は特にありません。
そのため、入試の際に偏差値を気にする必要はありませんし、中学校の成績で不合格になるというわけでもありません。

何より重視されるのは、本人のやる気です。次に渡辺高等学院の入試内容をご説明しますが、面接で意欲を伝えれば大丈夫です。

渡辺高等学院の入試内容

渡辺高等学院の入試には、一般入試とAO入試があります。

渡辺高等学院の一般入試

一般入試の内容は次の通りです。

項目 内容
課題レポート 学校が指定する課題図書または課題の映画を見た感想を400文字程度にレポートする
エントリーシート 指定の用紙に自分の自己紹介を書く
面接 自己紹介をし、エントリーシートを見ながら先生が質問をする

面接では特に難しいことを聞かれるわけではありません。渡辺高等学院を希望した理由ややりたいことなど、質問されたことをきちんと答えるようにしましょう。

なお、一般入試には実技試験はありません。まだ自分の歌やダンスなどのパフォーマンスに自信がない人は一般入試がおすすめです。

渡辺高等学院のAO入試

AO入試は自己PRと面接、そして実技試験があります。

項目 内容
自己PR 自分のいいところや趣味、強みなどを先生の前でアピールする
(メモを見ながら答えてもOK)
面接 先生の質問に答える
実技 ■俳優・女優・声優……当日渡される演技課題を行う
(セリフは見ながらでもOK)
■歌手……自信のある歌を1コーラス歌う
(カラオケ音源の持ち込み可能)
■モデル……音楽に合わせてウォーキングとポージング3パターン
■ダンサー……自分の踊りたいダンスを披露
(ジャンルは自由、音源を持参すること)
■タレント……特技や趣味など得意なことを披露
(楽器や小道具の持ち込み可能)

自分の特技や趣味をアピールできるいい機会です。事前に何をやるか考えて、練習しておきましょう。

特待生は学費免除などの特典も!

渡辺高等学院のAO入試で優秀で将来性があると判断された人は「特待生」として入学できます。

特待生は学費が最大で全額免除、または一部免除のほか、デビューに向けたバックアップといった特典があります。

渡辺高等学院の入学者の9割はAO入試合格者ということなので、ぜひチャレンジしてみましょう。

なお、卒業後、さらに技術を磨きたいという人は、系列のワタナベエンターテイメントカレッジへの進学も可能です。在校生は優先的に入学できるので、レベルアップができます。

渡辺高等学院出身の芸能人・有名人

渡辺高等学院を卒業した芸能人には、Little Glee Monster(リトルグリーンモンスター)やHi☆Five(ハイファイブ)の林拓磨さんがいます。

また、ワタナベエデュケーショングループの各スクールは、次のように多くの芸能人や有名人を輩出しています。

出身スクール 卒業生
ワタナベエンターテイメントカレッジ(WEC) 山田裕貴
中村昌也
陳内将
宮崎秋人
など多数
ワタナベエンターテイメントスクール(WES) 志尊淳
土屋シオン
池田優斗
大久保祥太郎
高橋胡桃
など多数
ワタナベコメディスクール(WCS) あばれる君
イモトアヤコ
ハライチ
平野ノラ
厚切りジェイソン
サンシャイン池崎
など多数

渡辺高等学院の基本情報

募集要項 ■募集対象
 新入学:中学校卒業見込みの方、中学卒業後高校に入学していない方
 転入学:高校に在学中の方、高校を休学中の方
 編入学:高校を中退した方
■入学時期
 新入学:4月、10月
 転入学:随時受付け
 編入学:4月、10月
学費 入学時期やコース等によって異なります。詳しくは直接お問い合わせください。
参考例:週3日制コース750,000円~

■なお、通信制高校には、国が高校の学費の一部を負担する「就学支援金制度」があります。
世帯年収が590万円未満の家庭は1単位あたり最大12,030円(それ以下の場合は相当金額)、
590万円~910万円未満の世帯は1単位あたり最大4,812円が支給されます。

渡辺高等学院はサポート校のため利用できませんが、提携している通信制高校の第一学院高等学校は、就学支援金制度が利用できます。
利用することで学費負担を大きく減らすことが可能です。

渡辺高等学院の口コミ

  • 総合評価 ★★★★★
    授業内容 ★★★★★
    スクーリング ★★★★☆
    サポート体制 ★★★★★
    友人関係・いじめ対策 ★★★★☆
    学費 ★★★☆☆

    渡辺高等学院のAO入試で入りました。入試の実技審査は緊張しましたが、特待生として入学でき、学費の免除はかなり助かりました。
    ただ、入ってからもレッスンやオーディションなどがあるので、気を抜くことはできません。
    常にいい緊張感があるし、同級生もみんな夢を持って努力しているので、私も頑張ることができました。
    まじめにレッスンを続けたおかげでデビューオーディションに出られて、卒業前に事務所から声をかけてもらいました。
    渡辺高等学院に入ってなかったら、こんな機会はなかったと思います。
    レッスンは大変でしたが、プロ講師から指導を受けられて、業界のことやマナーも教えてもらえてよかったです。

  • 総合評価 ★★★★☆
    授業内容 ★★★★★
    スクーリング ★★★★☆
    サポート体制 ★★★★★
    友人関係・いじめ対策 ★★★★★
    学費 ★★★★☆

    ダンサーになりたいと思い、渡辺高等学院を選びました。
    ダンスは中学校時代から趣味でやっていて、学校の文化祭でもパフォーマンスを披露し結構評判がよかったので、渡辺高等学院に入っても上位になるかなと期待していたんです。
    でも、上には上がいるんですよね。
    同期の友達が結構うまくて……
    でも、仲が悪いわけじゃなくて、一緒にレッスンを受けるうちに、お互いのいいところや直した方がいいところを教え合ったりしています。
    いいライバルができたおかげで、僕自身も向上できたんじゃないかな。
    今はデビューオーディションに向けて、練習を重ねています。
    デビューオーディションは年に3回もあるので、1度はダメでも先生にアドバイスをもらいながら改善できるのがいいと思います。
    次はいい結果を出すぞ~

  • 総合評価 ★★★★☆
    授業内容 ★★★★★
    スクーリング ★★★★★
    サポート体制 ★★★☆☆
    友人関係・いじめ対策 ★★★☆☆
    学費 ★★★☆☆

    どうしても芸能界に入りたかったけれど、親からは「きちんと勉強しなきゃ、将来苦労する」と反対されていました。
    いろいろ調べてみると、渡辺高等学院はレッスンを受けながら高校も卒業できるということで、親と一緒に説明を聞きに行きました。
    レッスンも本格的で、芸能界デビューのサポートもあるし、高校卒業のシステムもあるので親も安心してくれて、お金を出してくれました。
    普通の高校に行っていたら、放課後に自分でレッスンを受けに行かなきゃいけないですが、渡辺高等学院は午後はほとんどレッスンに使えるのが、かなり良かったと思います。
    親を安心させるためにも、早く芸能界デビューをしたいです。

  • 総合評価 ★★★★★
    授業内容 ★★★★★
    スクーリング ★★★☆☆
    サポート体制 ★★★★★
    友人関係・いじめ対策 ★★★☆☆
    学費 ★★★☆☆

    私は歌手になりたいと思って、自分なりに練習していました。
    でも、しっかりレッスンを受けたいと思い、全日制高校から渡辺高等学院に転入しました。
    アイドルっていうよりは、リトルグリーンモンスターのような心に響く歌を歌えるアーティストになりたいと思っていたんです。
    でも、先生といろいろと話をするうちに、私は話し言葉の表現力があるから声優に向いているのではないか?とアドバイスをいただきました。
    声優はまったく考えてなかったのですが、とても表現力が求められる仕事で、いろいろな役柄を演じられるのでおもしろいと考えるようになり、今は声優をめざして頑張っています。
    最近は声優さんが歌を歌う機会が増えているので、歌唱のレッスンも自分なりに続けたいと頑張っています。