通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

不登校になりたい高校生必読!なったらどうなるかやしておきたいことを解説についての基本情報

資料請求数 累計
50,000件以上

※2018年実績

無料資料請求

不登校になりたい高校生必読!なったらどうなるかやしておきたいことを解説

高校_不登校になりたい_アイキャッチ

高校生活でストレスや苦痛を感じ「いっそ不登校になりたい…」と思ってしまう方は多いはずです。しかし、何も考えず不登校になるとリスクやデメリットがあります。

そこで当記事では高校生が不登校になるとどうなるのかを紹介しつつ、不登校の時にしておきたいことやメリットも解説します。

不登校になりたい高校生必読!不登校になったらどうなる?

高校_不登校になりたい_どうなる

不登校になりたい高校生が実際に不登校になる前に知っておいてほしいのが、「不登校になるとどうなるか」ということです。

そこで、不登校になるとどのようなことが待ち受けているのか見ていきましょう。

中学生で不登校になりたいと考えている方はこちらの記事をご覧下さい。

(全日制高校の場合)留年してしまう

全日制高校(一般的な高校)の場合、欠席が続くと進級条件が揃わず留年になってしまうということが考えられます。

全日制の場合は出席日数がとても重要になってくるので、「辛いから」と休み続けるのは難しいですよね。

しかしスクーリング(登校)日数が年間4日の「ルネサンス高校」や、在宅コースを設けている「学研のサポート校WILL学園」のような通信制高校の場合、留年といった縛りもなく、スクーリング日数もかなり少なく済みます。

そのため休みがちで留年の恐れがある高校生は通信制高校に転入するのも一つの対策であると言えるでしょう。

自由な時間が増える

不登校になると格段に自由な時間が増えますので、自分の好きなことや興味のあることに時間を使うことができるようになります。

また、自由が時間が少なかったために諦めていたことに再チャレンジすることも可能です。

自由な時間が増えることによって心に余裕ができるようになるといったことも考えられます。

ストレスが減る

「学校での生活が窮屈に感じてストレスが溜まる」「周りの人たちと合わないからストレスが溜まる」など、不登校になりたいと思っている高校生は何かしらのストレスが溜まっている状態です。

そういった高校生が不登校になると、ストレスが減るため心身のバランスも整いやすくなります。

ストレスが減ることで、周りのことを見る余裕もできやすくなるため、人間的にも成長しやすくなるでしょう。

不登校になりたい高校生が不登校の間にしておきたいこと

高校_不登校になりたい_しておきたいこと

不登校になりたい高校生が不登校になった際に何も考えずに過ごすよりも、将来後悔しないように過ごすことが大切です。

そこで、不登校になりたい高校生が不登校になる場合にしておきたいことについて解説していきます。

好きなことを追求する

不登校になりたい高校生がしておきたいこととして挙げられるのが、好きなことを追求するということです。

好きなことや興味のあることをトコトン追求することで人生への充実感を得られるだけでなく、時には新たな発見を生むことができるでしょう。

また、好きなことを通して将来やりたいことが見つかるなどといったことも考えられます。

家事の手伝いをする

不登校になりたい高校生がしておきたいことの2つ目として“家事の手伝いをする”ということです。

大人になれば一人暮らしをしたい、親の所から離れたいと考えている方は多いと思います。

しかし一人になれば家事は全て自分でしなくてはいけないため、普段から家事のお手伝いをすることで、将来一人暮らしをしたときに役立ちます。

また、不登校になっているときに家事をすることで運動不足になるのを防ぐことができますので、不登校になりたい高校生は家事のお手伝いを積極的に行うようにしましょう。

勉強は最低限行う

不登校になりたい高校生がしておきたいこととして、“勉強は最低限行う”ようにしてください。

最低限の勉強を行うことで、もし復学したくなったときに「勉強についていけない 」という事態を防ぐことできます。

また、他の高校へ転入する場合にも、勉強を最低限行っておくことでスムーズに学習に取り組むことができるので、勉強は最低限行うようにしましょう。

通信制高校へ転入する

不登校になりたい高校生は、“通信制高校へ転入する”ということもしておきたいことの一つです。

現時点で全日制に通っている高校生の場合、休み続けることで留年してしまう危険性がでてきてしまいます。

留年をすると確実に一年は卒業するのが遅れてしまうだけでなく、学校に継続的に通えない場合は最悪、退学するということも考えなければいけません。

そのようなリスクを背負ってしまう前に、通信制高校へ転入するという選択肢を選ぶことでリスクを回避することができます。

不登校になりたい高校生が通信制高校へ転入する詳しいメリットについては、次の章で解説していきます。

不登校になりたい高校生が通信制高校へ転入するメリット

不登校になりたい高校生か通信制高校へ転入するとさまざまなメリットがあります。

単位制なので留年することがないため精神的に楽になる

まず1つ目として、通信制高校は単位制なので、全日制高校のように留年するということがありません。

スクーリング、レポート、課題、試験を通して単位を取得し、規定の単位を取得することで卒業することができます。

“留年”ということがないことは、自分のペースや目標に合わせて単位取得をすることができるのです。

スクーリング(登校)日数を選べる

通信制高校は学校によってスクーリング日数が変化します。学校によって日数が異なるため、自身の通える範囲の日数のところを選ぶことが可能です。

また、事情により学校に登校できない高校生は、「学研のサポート校WILL学園」や「トライ式高等学院」のように先生が家に訪問してくれるシステムやコースを導入しているところも存在します。

好きなことに時間を使える

通信制高校は、スクーリング以外は基本的に自由に過ごすことができるのもポイントです。

レポートや課題は提出する必要がありますが、はじめは時間がかかっても慣れるとペースを掴めるようになるでしょう。

とはいえ通学時間もなく1日の決まった授業時間もないので、昼間は好きに遊んで、夕方から課題を開始して深夜に終わらせるなんてこともできます。

そのため、通信制に通うことで好きなことに時間を使うことができるようになります。

自由な校風のところが多いためのびのびとスクールライフを送ることができる

通信制高校は自由な校風のところが多く、スクーリングの際の服装も自由なところが多いため、自分の好きな服装で登校が可能です。

全日制のように細かな校則に縛られることがないので、のびのびとスクールライフを送ることができます。

不登校になりたい高校生のまとめ

不登校になりたい高校生は、いっそのこと不登校になってしまうことでストレスから開放されます。自由な時間が増えるなど、メリットも多いでしょう。

しかし、留年してしまうという事実にともなう様々なリスクは見逃してはいけません。

そうならないために、一度通信制高校への転入を考えておくようにしましょう。通信制であればほとんど登校しなくても高校卒業資格を得られるので、将来のリスクも少ないです。

気になる通信制高校があれば、以下のリンクから無料の資料請求をしてみてくださいね。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計50,000件以上