通信制高校広場『学費や評判を調査』一括資料請求サイト

不登校の中学生にするべき親の対応とは?子どもへの正しい接し方を紹介!についての基本情報

資料請求数 累計
50,000件以上

※2018年実績

無料資料請求

不登校の中学生にするべき親の対応とは?子どもへの正しい接し方を紹介!

中学生_不登校_親の対応_アイキャッチ

中学生の子どもが不登校になってしまった場合、親としてはどういう対応したらいいのか分からなくなりますよね。

しかも中学生は多感な時期なので、ここで誤った対応をしてしまうと今後一生の親子関係がギクシャクするリスクもあります。

そこで今回は不登校の子どもにするべき親の対応に加えて、より理解をするべく中学生がなぜ不登校になりやすいのか解説していきます。

親は知るべき!何故中学生の子どもはなぜ不登校になる?

中学生_不登校_親の対応_原因

小学校から中学校に上がると、不登校の子どもの数が激増しています。

実際どれぐらいの人数が不登校になっているのかについて気になる方はこちらの記事をチェックしてくださいね。

 

では、早速なぜ中学生が不登校になるのかその理由について見ていきましょう。

人間関係の変化

小学校から中学校に上がる際、小中一貫校などの場合を除いて複数の小学校の子どもたちが集まってきます。

その結果、今まで関わったことのない他人が一気に増えるため、対人関係が苦手な子どもにとっては精神的負担も一気に上がります。

さらに今までは普通に過ごしていても、ある日突然なにかのきっかけでいじめの標的になってしまうというケースも跡を絶ちません。

勉強のストレス

中学校に入ると、勉強の難易度が小学校の頃と比べるとかなり上昇します。段階的に学習は進んでいきますが、授業に身が入らなかったり、思春期特有の思考で「なぜ勉強しないといけないの?」と反発してしまいがちです。

また、真面目に授業を受けていてもわからない部分がたくさんできてしまうと、そこから一気に置いてけぼりをくらって挫折してしまう子どももいます。

そして挫折から立ち直れないまま、不登校になってしまうケースもここ数年は珍しくありません。

進路に対する不安やプレッシャー

中学校生活を何気なく過ごしていても、いずれは進路という選択をしなければいけません。

しかし「できるだけ学力の高い高校へ行きなさい」「お父さんの高校より上のところへ行かなきゃダメ」など、親から進路について何かしらのプレッシャーを与えているご家庭の場合、これが原因で子どもが不登校になるケースは多いです。

また、親からプレッシャーが与えられていなくても子ども自身が「いい高校に行かなきゃ」、「〇〇さんよりもいい高校にいってやる!」など自分を追い込みがちになっている場合もあり、これも不登校に繋がっている可能性があります。

このように進路の不安やプレッシャーがかかりすぎる環境は子どもに多大なストレスを与えがちです。

不登校の中学生の子どもにもするべき親の対応は?

中学生_不登校_親の対応_対応

不登校の中学生の子どもにするべき正しい親の対応について解説していきます。

正しく対応をすることで不登校の子どもの心身の状態が安定しやすくなるので、しっかりと理解を深めましょう。

まずは子どもの頑張りを受け止めてあげる

まず初めに不登校の中学生の子どもの今までの頑張り、そして現在の頑張りをどんな些細なことでも受け止めてあげるようにしましょう。

中学生の不登校の子どもの中には、親に見放されないように勉強を頑張っている子もいます。

そして親の期待に応えようと頑張りすぎてしまうあまり、燃え尽き症候群のようになってしまいそれが不登校や酷い時はうつ病に繋がります。

そのため、「我が子が勉強をもっとさせないと!」と無理矢理すすめるのではなく、まずは子どもの頑張りを受け止めてあげてあげましょう。

子どもの話をしっかりと聞いてあげる

「不登校に陥っているからそっとしておいてた方がいいのかしら」とついつい親子間の会話を減らしがちです。

しかし、不登校になっている中学生の子どもの話は、どんな些細なことでもきちんと聞いてあげましょう。

親身に子どもの話を聞いてあげたり、また親自身の悩みを子ども相談するなどしっかりコミュニケーションを取るのが大切です。

学校の話題は出さないようにする

子どもが不登校になると通ってほしいと思うあまり、「今、学校文化祭の時期だね!去年はこうだったよね」など学校に対して興味が湧きそうな話題を話してしまいますよね。

しかし、学校のことばかり話すと子どもは「親は学校の話ばかりでうんざり」と思っている可能性が高いです。つまり、学校のことに興味を向けさせるために話していることが仇になるのです。

そのため、不登校の中学生の子どもを持つご家庭では学校の話ばかりせず、趣味の話や最近楽しかった話や悩みの話など日常的な会話を行うようにしましょう。

通信制の学校を勧めてみる

不登校の中学生の子どもは、心の内で「進路はどうしたらいいんだろう」「不登校でも進学できるのかな・・・」と悩んでいることが多いです。

しかし、昔と違って今は不登校の中学生でも様々高校へ進学することは可能です。一般的な全日制はもちろん、子どもの性格や状況に合わせて通信制、定時制などさまざまな種類の高校に通うことができます。

中でも不登校の中学生におすすめなのが通信制高校です。勿論いじめで対人関係に不安があった場合などは、知らない人ばかりの全日制高校に行くという選択肢もあります。

しかし、全日制高校は基本的に週に5回登校しなければいけず、知っての通り勉強に対してのサポートは限られているのが現実です。

そのため、毎日登校するのが辛い、勉強面の不安が強いという中学生の子どもにはあまりおすすめできません。

一方で通信制の高校は不登校の生徒でもストレスなく通える環境が整っていますので、子どもが進路に悩んでいるように思えたら、通信制高校を勧めてみましょう。

不登校の中学生の子どもになぜ通信制高校がおすすめなのかは次の章で解説していきます。

何故不登校の中学生に通信制高校がおすすめ?

中学生_不登校_親の対応_おすすめ

不登校の中学生になぜ通信制高校がおすすめなのか、理由は大きく分けて3つあります。

登校(スクーリング)日数が圧倒的に少ない

通信制高校は、登校(スクーリング)日数が全日制と比較すると圧倒的に少ないことが特徴です。

基本的に週1回や月1回の登校で良いところが多く、中には年4回のところなど、通信制高校によってさまざまですが何れも全日制と比較してかなり少ないです。

登校するのに多いなエネルギーを使いがちな不登校の子どもにとって、これだけ日数が少ないと精神的な負担を減らすことができます。

生徒の学力に合わせてカリキュラムを組んでくれるところが多い

通信制高校では、生徒の学力に合わせて一人ひとりのカリキュラ厶を組んでくれるところが数多く存在します。

通常の学校であれば一度勉強についていけなくなれば、後は置いてけぼりを食らってしまうのが常でした。

しかし通信制高校であればその心配がありませんので、「勉強についていけないんじゃないか」という不安を持つ子どもも安心して通うことができます。

自分のやりたいことができる

前述した通り通信制高校はスクーリング日数が圧倒的に少ない関係で、子どもは空いた時間で趣味ややりたい事はもちろん、望んだ場合は勉強をすることもできます。

さらに通信制高校では学科も数多くあり、ファションやネイル、eスポーツ、芸能、美容師、海外留学など子どもやりたい事を学びつつサポートしてくれる環境も整っています。

これは子どもの将来を考えた上で大きなプラスがあると言えるでしょう。

卒業できるようにしっかりとサポートしてくれる

自宅学習でレポートや課題をこなす関係で自主性が問われると思いがちな通信制高校ですが、私立高の通信制は生徒に対してきめ細やかなサポートで支えてくれます。

サポートがキッチリしている「ルネサンス高等学校」では、卒業率が97%という驚異の数字を出していることからもその実情が読み取れます。

不登校の中学生の子どもに対する親の対応まとめ

不登校の中学生の子どものに対する親としては、下記のことを気をつけて対応するようにしましょう。

  • 頑張りを受け止めてあげる
  • 子どもの話をしっかりと聞いてあげる
  • 通信制の学校を勧めてみる

通信制の学校にはどんな種類があって、どのようなコースがあるかなどの詳しい内容を知りたい方は、まずは下記から無料の資料請求をしてみましょう。

通信制高校選びに迷ったら

おすすめ通信制高校 一括資料請求はこちら

お住まいの都道府県と資料請求をされる方の情報を入力し(約60秒)資料請求をクリックしてください。

都道府県

請求される方

資料請求数 累計50,000件以上